パチスロ新台 エンターライズ

パチスロモンスターハンター 月下雷鳴(エンターライズ)

タイアップコンテンツは、2004年の第1作からシリーズ累計販売本数2700万本を突破したカプコンのハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」

パチスロでは、2012年にロデオから発売された前作に次いで2作目となり、ゲーム制作のカプコングループ・エンターライズから初めての発売である。
slot_monsterhunter

本体定価43万8000円。

導入日

2014年3月17日

スペック

パチスロモンスターハンター 月下雷鳴    エンターライズ
ATタイプ
図柄「BB」:青7/赤7   「RB」:BAR
確率設定AT初当り
確率
合算確率出玉率
1/299.81/86.496.8%
1/284.11/83.098.3%
1/278.51/79.3100.2%
1/238.51/69.0104.8%
1/228.01/62.7109.0%
1/183.51/52.0115.2%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツは、2004年の第1作からシリーズ累計販売本数2700万本を突破したカプコンのハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」。パチスロでは、2012年にロデオから発売された前作に次いで2作目となり、ゲーム制作のカプコングループ・エンターライズから初めての発売である。コンセプトは「狩猟解禁 1000時間遊べるパチスロ」。

●3種類の擬似ボーナスによりコインを増やすATタイプ。小役の最大払い出し枚数7枚。天井999ゲーム。

●「ボーナス」は、「BB」2種類と「RB」1種類の計3種類。1ゲームあたりの純増枚数は約2.5枚。「青7」揃い「BB」の獲得枚数は約180枚、「赤7」揃い「BB」の獲得枚数は約130枚から160枚、「RB」の獲得枚数は約80枚から100枚。
 「ボーナス」中には、「仲間ハンター」と共闘し、「アイテム」を使用しながら「モンスター」討伐を目指す。「ボーナス」のゲーム数は、討伐難易度の異なる「モンスター」の種類によって変化し、「モンスター」が逃げない限り「ボーナス」は継続する。また、「モンスター」、「仲間」、「アイテム」、「攻撃方法」の組み合わせにより、数多くの討伐パターンが存在する。「モンスター」を討伐できれば「剥ぎ取りチャンス」が発生。「ボーナス」の1ゲーム連ストックが確定する。「剥ぎ取りチャンスG」なら、「ボーナス」ストックに加え、「剥ぎ取りチャンス」が50%でループする。

●レバーオンフリーズから「青7」が揃えば「アマツBONUS」に突入。「アマツマガツチ」を討伐できれば、「剥ぎ取りチャンス」3個を獲得。また、討伐する「モンスター」決定後にボタン連打で「ボーナス」昇格を目指し、最上位「大連続BONUS」となれば、「ボーナス」のゲーム数を上乗せ。

●「ボーナス」への突入ルートは、ゲーム数消化やリプ連により突入する「前兆ステージ」と、レア小役から突入する「自力高確率ゾーン」の2ルート。「前兆ステージ」は、「モンスター」討伐成功で「ボーナス」獲得の「討伐クエスト」と、「ジンオウガ」発見で「青7」揃い「BB」となる「捜索クエスト」の2種類。レア役からの「自力高確率ゾーン」は、期待度40%以上の「アイルーBINGO」と、期待度66%で複数ストックの可能性がある「緊急クエスト」。

[2月20日・日刊遊技情報]

関連リンク

「パチスロモンスターハンター 月下雷鳴」機種サイト

Copyright
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.