マシマシ(‐30)(パイオニア)

ボーナスとループ型擬似ボーナスによる「百華ループ」が特徴の沖スロ

 

%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%9e%e3%82%b7-30_r

 

本体定価38万円。型式名「リュウキュウマシマシ/KC」。30パイ機(型式名「リュウキュウマシマシ/KC‐30」)も同時発売(スペックは同一)。

 

導入日

2018年8月27日

 

機種スペック

マシマシ(‐30)        パイオニア
BB・RB‐RTタイプ
図柄BB:白7/ハイビスカス
RB:白7・白7・BAR/ハイビスカス・ハイビスカス・BAR
RT(「(超)マシマシボーナス」):BAR
確率設定BB確率RB確率ボーナス
合成確率
出玉率
1/2991/3431/15997%
1/2931/3321/15698%
1/2881/3241/152101%
1/2671/2971/140103%
1/2641/2901/138106%
1/2271/2471/118110%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●ボーナスとループ型擬似ボーナスによる「百華ループ」が特徴の沖スロ。ハイビスカス点灯でボーナス+擬似ボーナスのW当選となる。
●BB・RB‐RTタイプ。ボーナスの獲得枚数はBB204枚、RB54枚。RTは1ゲームあたりの純増枚数約0.6枚。ボーナス合成確率は159分の1(設定①)~118分の1(設定⑥)。
ボーナスの告知割合は当選ゲームレバーON時約50%、当選次ゲームレバーON時約50%。
●ボーナス後は必ず「BAR」揃いからのRT「(超)マシマシボーナス」に突入。30ゲーム継続で、「超マシマシボーナス」突入時は次回ボーナスまで継続する。RTのループ率は約50%。
RT中のボーナス当選告知は業界初となる「リール間告知」となっており、リール間にハイビスカスが出現すればボーナスが確定。全5種類のプレミアム点滅も搭載する。またRT中は告知割合が通常時から変化し、当選次ゲームレバーON時が約94%、当選ゲームレバーON時約6%で予告演出がメインとなる。予告演出ではリール間告知を利用した「マシマシステップアップ演出」となっており、レバーON時リール間に点灯した「マシマシ」の数によって対応役が変化。告知矛盾や変則点灯で大チャンスとなっている。
●通常時の演出では、レバーON時または第3停止時に目が点灯すればボーナス確定となる「シーサーアイ」やBB確定となる「プレミアムリール演出」などを搭載。また取りこぼしを防ぐ「優(やさ)シーサー機能」として、残クレジット2枚以下時は単独ボーナス時に必ずレバーON時告知となったり、小役重複時第3停止でシーサーの目が点灯。ボーナス内部中の精算ボタン使用時もシーサーの目が点灯する。

 

[2018年8月28日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「マシマシ」機種サイト

 

Copyright

(c)PIONEER