パチスロ新台 藤商事

パチスロ 貞子 vs 伽椰子(藤商事)

2016年公開のホラー映画とのタイアップ。「リング」シリーズの貞子と「呪怨」シリーズの伽椰子が共演したクロスオーバー作品

 

%e3%83%91%e3%83%81%e3%82%b9%e3%83%ad%e3%80%80%e8%b2%9e%e5%ad%90%e3%80%80%ef%bd%96%ef%bd%93%e3%80%80%e4%bc%bd%e6%a4%b0%e5%ad%90_r

 

本体定価39万9800円。販売予定台数2000台。型式名「貞子VS伽耶子FSC」。

 

導入日

2018年5月28日(最速)

 

機種スペック

 

パチスロ 貞子 vs 伽椰子        藤商事
BB・RBタイプ
BB図柄赤7/青7
RB図柄赤7・赤7・青7/青7・青7・赤7
確率設定BB確率RB確率ボーナス
合成確率
出玉率
1/306.21/352.31/163.897.4%
1/300.61/348.61/161.498.7%
1/291.31/327.71/154.2104.0%
1/275.41/312.11/146.3108.5%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2016年公開のホラー映画とのタイアップで、「リング」シリーズの貞子と「呪怨」シリーズの伽椰子が共演したクロスオーバー作品。演出面では、役モノが落ちてきたらボーナスというシンプルさと、総数2900パターン以上という多彩なリーチ目など、ライトユーザーからヘビーユーザーまで楽しめる設計になっている。
●BB・RB‐RTタイプ。設定4段階タイプ。ボーナスの獲得枚数はBBが最大311枚、RBが最大52枚。BB中は技術介入要素があり、予告音発生時に一度だけ逆押しで左リールに目押しを行うことで最大枚数を獲得可能。
●ボーナス終了後は必ず「バーサスチャレンジ」に突入。BB後は最大20ゲーム、RB後は最大3ゲーム継続し、移行リプレイ成立でRTに突入する。RTは揃うリプレイの種類によって、最大77ゲームの「貞伽耶RT」、最大40ゲームの「貞子RT」、最大20ゲームの「伽耶子RT」のいずれかに突入する。BB後の「バーサスチャレンジ」のみ技術介入要素があり、「伽耶子ランプ」点滅時に残り6ゲーム数の場合は左リール枠上から上段に「チェリー」下の「BAR(邪眼図柄)」を目押ししてリプレイを回避。「貞子ランプ」、「貞子ランプ」・「伽耶子ランプ」同時点滅時はフリー打ちでRTへ突入、残り5ゲーム以下の「伽耶子ランプ」点灯時は左リール「青7」狙いでRT突入を狙う。
●通常時はゲーム性を選択可能。様々な当り方が楽しめるバランスタイプの「通常モード」、「呪いの手落下」または「邪眼チャレンジ」のみが発生する完全告知タイプの「伽耶子モード」、「呪いの手落下」がなく、ランプやサウンドなど違和感告知の頻度が大幅に上昇する「霊感モード」、「呪いの着信」演出が発生すればチャンスとなる告知タイプの「貞子モード」の4種類を搭載している。

 

[2018年5月15日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「パチスロ貞子vs伽椰子」機種サイト

 

Copyright

(c)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
(c)FUJISHOJI