パチスロ新台 パイオニア

ニューシオサイ‐30(パイオニア)

1997年誕生の「シオサイ」シリーズ20周年を記念した30パイ機

BB後は必ずRT「シオサイゲーム」に突入、「ハイビスカス」が消えればボーナス確定となる

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e2%80%90%ef%bc%93%ef%bc%90_r

本体定価38万円。販売予定台数1000台。型式名「ニューシオサイ/EX‐30」。

導入日

2018年3月5日(最速)

 

機種スペック

ニューシオサイ‐30        パイオニア
BB・RB‐RTタイプ
BB図柄ピンク7/「ハイビスカス」/BAR
RB図柄ピンク7・ピンク7・「ハイビスカス」
/「ハイビスカス」・「ハイビスカス」・ピンク7
/BAR・BAR・ピンク7
確率設定BB確率RB確率ボーナス
合成確率
出玉率
1/319.71/399.61/177.697.6%
1/309.11/387.81/172.098.8%
1/303.41/381.01/168.999.9%
1/295.21/348.61/159.8102.1%
1/278.91/321.31/149.3104.5%
1/262.11/292.61/138.3109.7%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●1997年誕生の「シオサイ」シリーズ20周年を記念した30パイ機。「あの頃」と「これから」をデザインコンセプトとした「レジェンドパネル」と「アニバーサリーパネル」の2種類を発売する。
●BB・RB‐RTタイプ。RTは1ゲームあたりの純増枚数約0.15枚。BBの獲得枚数最大304枚、RBの獲得枚数最大106枚。最大枚数獲得には技術介入要素が必要となっており、ボーナス中に一度だけ逆押しを行い左リールにBB時は上段「BAR」をビタ押し、RB時は枠内「BAR」狙いが必要となっている。
●BB後は必ず30ゲームのRT「シオサイゲーム」に突入。RT中は「ハイビスカス」が消えればボーナス確定となり、リール間LEDで「紫」が出現すればボーナスのチャンスとなっている。
●「ハイビスカス」が光ればボーナス確定の完全告知タイプ。告知割合は単独当選成立ゲームのレバーON時が約50%。次ゲーム告知が50%で、その内、「チェリー」同時当選約15%、「リプレイ」同時当選約15%、リーチ目である「シオサイ目」が約20%となっている。
その他、演出面では発生すればボーナス濃厚となるバウンドストップをシリーズで初搭載。また状態を問わず様々な設定推測要素が搭載されている。

[2018年3月2日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「ニューシオサイ‐30」機種サイト

 

Copyright

(c)PIONEER