パチスロ新台 エレコ

バジリスク~甲賀忍法帖~絆(エレコ)

パチスロ「バジリスク」シリーズ3作目

「バジリスク」シリーズの特徴となった「最大ループ率80%」および「自力継続」を継承する。
slot_bajirisukukizuna
本体定価43万8000円。パネルは、赤パネル(「伊賀」パネル)と青パネル(「甲賀」パネル)の2種類を用意。型式名は「バジリスク絆SK」。

導入日

2014年1月27日

スペック

バジリスク~甲賀忍法帖~絆   エレコ
ATタイプ
図柄「プレミアムバジリスクチャンス」:白BAR(バジリスク)
「バジリスクチャンス」:赤BAR/青BAR/赤BAR・赤BAR・青BAR/青BAR・青BAR・赤BAR
設定「バジリスクチャンス」確率
1/139.4
1/138.7
1/137.9
1/130.6
1/130.1
1/118.6
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●パチスロ「バジリスク」シリーズ3作目。ユニバーサルエンターテインメントグループ初のAT機。「バジリスク」シリーズの特徴となった「最大ループ率80%」および「自力継続」を継承する。

●ATのみでコインを増やすタイプ。小役の最大払い出し枚数は8枚。有効ライン数は中段1ラインのみ。

●AT「バジリスクタイム(BT)」は、平均約40ゲーム、1ゲームあたりの純増約2.8枚。前半の「追想の刻」と後半の「争忍の刻」に分かれる。前者のゲーム数は10ゲームから100ゲーム。後者は継続バトルとなる。継続率管理型となっており、継続率は、25%、33%、50%、66%、80%。「争忍の刻」には新たなシステムとして「絆システム」を搭載。「絆高確」が発動すれば、「バジリスクチャンス」再突入への確率がアップする。4種類あり、それぞれに継続の対応役がある。

●「BT」への突入契機となる「バジリスクチャンス(BC)」は、ベルナビ8回、獲得枚数約40枚。同色「BC」と異色「BC」では、同色「BC」の方が「BT」当選期待度が高い。ロングフリーズから当選する「プレミアムBC」は、ベルナビ20回、獲得枚数約100枚、高継続「BT」が確定する。「BT」中の「BC」当選では、セット数・ゲーム数上乗せ確率がアップする「ムービーBC」となる。「通常BC」の告知タイプは、チャンス告知「弦之介BC」、後告知「朧BC」、完全告知「天膳BC」からの選択型となっている。

●「BT」中にチャンスゾーン「無想一閃」に突入すれば、上乗せセット数平均5セット以上の上乗せ特化ゾーン「真瞳術チャンス」突入のチャンス。

[1月20日・日刊遊技情報]

関連リンク

「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」機種サイト

Copyright
(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT