パチスロ呪怨(藤商事)

 

2014年発売の「パチスロリング」に続くホラーパチスロ第2弾

清水崇監督による2013年の劇場公開版「呪怨」がモチーフとなっている。

 

170525jyu

 

本体定価43万8000円。販売予定台数2000台。型式名「呪怨FSC」。

 

導入日

2017年5月8日

 

機種スペック

パチスロ呪怨        藤商事
ARTタイプ
確率設定「伽梛子ボーナス」 確率ART 「業深き刻」 突入確率出玉率
1/3541/86397.1%
1/3261/80098.6%
1/3391/726100.2%
1/2711/637103.6%
1/2701/546106.5%
1/2271/466110.4%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2014年発売の「パチスロリング」に続くホラーパチスロ第2弾。清水崇監督による2013年の劇場公開版「呪怨」がモチーフとなっている。本機搭載の新機能「ST+」は、3段階STとなっており、序盤は獲得枚数が多いボーナスに期待でき、後半に進むほどボーナス当選確率がアップするシステムとなっている。

 

●擬似ボーナスを搭載したARTタイプ。ART1ゲームあたりの純増枚数1.9枚。

 

●ART「業深き刻」は50ゲーム継続のSTタイプ。1~15ゲームを「怨嗟の衝撃」、16~48ゲームを「怨念の連鎖」、49、50ゲーム目は「最後の怨み」の3段階構成となっており、「業の手」役モノ作動で「ボーナス」が確定。「ボーナス」当選時は再びSTに突入。初回ST時のみ「ボーナス」非当選でもSTを再セットする。

 

ART中の「ボーナス」は3種類で、「赤7」揃いの「呪縛ボーナス」は20ゲーム継続。「青7」揃いの「俊雄ボーナス」は「ベル」4回×最大7セット継続。BAR揃いの「呪怨ボーナス」は50ゲーム継続で、当選時の2分の1でST継続率がアップする。上乗せ特化ゾーンは「(超)呪怨RUSH」となっており、8ゲーム間に「ボーナス」ストック抽選を行う。ART突入契機は通常時から当選する1セット50ゲーム「伽梛子ボーナス」で期待度は約40%以上。

 

●通常時は4種のステージに加えて、前兆モード「漆黒の刻」、10ゲーム間のCZ「覚醒の刻」、「ボーナス」期待度の高い超高確ステージを搭載している。

 

[2017年4月26日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「パチスロ呪怨」機種サイト

 

Copyright

(c)東映ビデオ株式会社/「呪怨」製作委員会/「呪怨2」製作委員会/DWANGO Co.,Ltd.
(c)FUJI SYOJI