パチスロ新台 SANKYO

パチスロ涼宮ハルヒの憂鬱(SANKYO)

 

タイアップコンテンツは谷川流によるライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズ

2014年には同メーカーより「CRF涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズも発売されている。

 

161222haruhi

 

本体定価43万8000円。販売予定台数1万台。型式名「パチスロ涼宮ハルヒS」。

 

導入日

2016年12月12日

 

機種スペック

パチスロ涼宮ハルヒの憂鬱        SANKYO
BB‐ARTタイプ
図柄「BB」:赤7
確率設定BB 確率ART 初当り確率BB +ART 合成確率出玉率
1/14891/3531/28596.4%
1/3441/28097.7%
1/3361/27499.1%
1/3101/256102.8%
1/3011/250105.8%
1/2911/243111.4%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツは谷川流によるライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズ。2014年には同メーカーより「CRF涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズも発売されている。

 

本機では専用筐体に加えて、新規楽曲なども搭載する。

 

●BB‐ARTタイプ。メインART「激奏LIVE」は初期ゲーム数30ゲーム以上、1ゲームあたりの純増枚数は約1.8枚のゲーム数上乗せタイプ。突入契機はBBまたは自力CZ経由となっている。

 

ART初当り時は倍率上乗せ特化ゾーンとなる「ハレ晴レCHANCE」で初期ゲーム数を決定。突入時にゲーム数を決定し、毎ゲーム倍率上乗せを行う。その他、多数の上乗せ特化ゾーンがあり、「激奏ミッション」は「リプレイ」の連続で突入し、「リプレイ」が続くほどチャンス。1ゲーム連で上乗せを行う「上乗せCOMBO」、「BAR」揃いで突入する「ダブルアップチャレンジ」などを搭載。引き戻しゾーンは「アンコールチャレンジ」と「SOSレスキュー」の2種類で、後者は大量上乗せのチャンスとなっている。

 

BB確率は全設定共通で1489分の1。純増枚数は約312枚。ART中の特化ゾーンなど、特定条件でのボーナス当選時は高継続の「ハレ晴レCHANCE」突入に期待できる。

 

●通常時のステージは4種類。液晶左の「ハルヒすごろく」は、「リプレイ」成立で前進し、ゴール到達で発展。連続演出失敗時に獲得できる「閉鎖ポイント」は規定ポイント到達で「自力CZ「閉鎖空間」に突入。CZは、10ゲーム継続で期待度約15%の「エピソードステージ」と、15ゲーム継続で期待度約45%の「閉鎖空間」の2種類。また「超メドレーステップアップ」演出では、ステップが進むに連れてボーナス期待度が上昇する。

 

[2016年11月29日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「パチスロ涼宮ハルヒの憂鬱」機種サイト

 

Copyright

(c)2006 谷川流・いとうのいぢ/SOS団
(c)SANKYO