もっと!沖縄フェスティバル‐30(パイオニア)

 

2015年4月発売の「沖縄フェスティバル‐30」のシリーズ機

「長く手軽に遊べる」をコンセプトに前作からボーナス確率はそのままにベースが向上している。

 

161019oki

 

本体定価38万円。販売予定台数2000台。型式名「モットオキフェス/DX‐30」。

 

導入日

2016年10月24日

 

機種スペック

もっと!沖縄フェスティバル‐30        パイオニア
BB・RBタイプ
BB図柄赤7/青7
RB図柄赤7・赤7・BAR/青7・青7・BAR
確率設定BB 確率RB 確率ボーナス 合成確率出玉率
1/2881/4611/17798.0%
1/2811/4481/17299.5%
1/2751/4361/168100.5%
1/2601/4021/157103.5%
1/2481/3541/146106.5%
1/2371/3181/136109.5%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2015年4月発売の「沖縄フェスティバル‐30」のシリーズ機で黄金のハイビスカスが光ればボーナス確定となるAタイプ完全告知機。「長く手軽に遊べる」をコンセプトに前作からボーナス確率はそのままにベースが向上している。タッチでハイビスカスが点灯する「マイ告知」機能や、点灯後のタッチで色が変化すればBB確定の「華みくじ」機能などを継承。新たに、ランプから手を放した瞬間に変化する「復活パターン」が追加された。また、プレミアム点滅は前作の22種類から70種類以上へ大幅に増加している。

 

●BB‐RBタイプ。BBは純増最大312枚、RBは純増最大104枚。小役の最大払い出し枚数は、1、2BET時15枚、3BET時10枚。

 

●告知はすべてレバーON時となっており、単独当選時約68%、単独当選時次ゲーム約22%、小役同時当選時次ゲーム約10%。ボーナスサウンドは、初代「沖フェス」サウンドを含む全15曲をで、本機専用のプレミアムサウンド「チュラサン場所」を収録している。

 

[2016年10月19日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「もっと!沖縄フェスティバル‐30」機種サイト

 

Copyright

(c)PIONEER