パチスロ KPE

メタルギア ソリッド スネークイーター(KPE)

 

KONAMIを代表するゲーム「メタルギア」シリーズ

次世代筐体「BIGBOSS」は、業界初となる32型古HD全面液晶を搭載。

 

160927%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%82%a2

 

本体定価48万5000円。販売予定台数1万3000台。型式名「メタルギアソリッド/KG」。

 

導入日

2016年10月17日

 

機種スペック

メタルギア ソリッド スネークイーター  KPE
ARTタイプ
図柄 「BB」(ART60G):赤7 「RB」(ART30G):赤7・赤7・BAR ART「スネークイーター作戦」:黒7
確率 設定 ART初当り 確率 出玉率
1/266.9 97.5%
1/258.6 98.9%
1/251.1 100.6%
1/240.4 103.9%
1/232.7 106.8%
1/220.2 110.6%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツは、KONAMIを代表するゲーム「メタルギア」シリーズ。次世代筐体「BIGBOSS」は、業界初となる32型古HD全面液晶を搭載。128ギガバイトの大容量液晶ROMによってハイエンドな映像表現を実現した。さらに、最大16台連結によるデモムービー機能を搭載。リール右側には「無線機」役モノが搭載されている。

 

●擬似ボーナスを搭載したARTタイプ。
ART「スネークイーター作戦」は、1ゲームあたりの純増枚数約2.0枚。ゲーム数不定の自力継続バトル&ストック型。ARTは平均10ゲームのオープニング、ゲーム数不定のバトルパートに分かれており、バトル勝利時は1セット30ゲームの「エンディング」または「潜入ステージ」を経由して次のオープニング演出へ移行する。

 

「バトル」時は、成立役によって「流れ」を掴む状況変動型となっており、高頻度な「リプレイ」で敵側有利。「段ボール」図柄が高頻度またはレア小役成立で「スネーク」側が有利となる。「スネーク」有利時は成立役に関わらず攻撃機会が増加する。また、ゲーム数獲得時は、「セーフティゾーン」によって規定ゲーム数消化まで敵の攻撃を回避する。デュアル特化ゾーンとなる「ビッグボスタイム」突入時には、「セーフティゾーン」ゲーム数とバトル勝利ストックの抽選を行う。

 

●擬似ボーナスは、ART60ゲームの「BB」と、ART30Gの「RB」を搭載。「BB」は、チャンス告知の「THEATER BB」または完全告知の「FLOWER BB」から選択可能。ART突入期待度は役35%。

 

引き戻しゾーンとして、「ボーナス」終了後50ゲーム+αを「サブシスタンスゲーム」。ART終了後50ゲーム+αは「コンテニューゾーン」となっており、同区間での当選はART突入となる。

 

●通常時はレア小役成立で「ミッション」を高確率抽選。期待度35%の前兆型ミッション「バーチャスミッション」は平均17ゲーム継続。期待度60%の自力型ミッション「サバイブミッション」は15ゲーム固定となっている。

 

[2016年9月13日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「メタルギア ソリッド スネークイーター」機種サイト

 

Copyright

(c)Konami Digital Entertainment
(c)KPE

-パチスロ, KPE
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.