パチスロ新台 サミー

パチスロ偽物語(サミー)

2014年10月発売の「パチスロ化物語」につづくパチスロ〈物語〉シリーズの第2弾

主人公「阿良々木暦」の2人の妹「阿良々木火憐」と「阿良々木月火」を中心にしてストーリーは展開する。

160201nise

本体定価44万8000円。型式名「偽物語/ZS」。専用筐体「戯(タワムレ)」。

導入日

2016年2月22日

機種スペック

パチスロ偽物語          サミー
BB‐ARTタイプ
図柄BB:赤7/青7/青7・青7・赤7
確率設定ボーナス
確率
ボーナス+
ART
合算確率
出玉率
1/199.81/147.797.9%
1/195.11/145.399.3%
1/190.51/141.2100.9%
1/186.21/132.9104.3%
1/182.01/126.0108.6%
1/178.11/119.1112.1%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2014年10月発売の「パチスロ化物語」につづくパチスロ〈物語〉シリーズの第2弾。タイアップコンテンツは西尾維新によるライトノベル〈物語〉シリーズの「化物語」、「傷物語」に次ぐ3作目。「化物語」と同様にシャフト制作によるアニメが放映された。主人公「阿良々木暦」の2人の妹「阿良々木火憐」と「阿良々木月火」を中心にしてストーリーは展開する。

●リアルボーナスを搭載したBB‐ARTタイプ。コイン単価2.3枚(設定①)。天井は1000ゲーム。BBの獲得枚数は150枚の1種類のみ(図柄は3種類)。
ボーナス合成確率199.8分の1、ボーナス+ART合成確率147.7分の1(いずれも設定①時)と、「徹底した遊びやすさ」が本機の特徴。

●ART「倖時間(ハッピータイム)」は、1ゲームあたりの純増枚数約1.2枚(ボーナス込み約2.0枚)、1セット20ゲーム、引き戻しゾーン「チャレンジゾーン」を経由したゲーム数上乗せによるループタイプ。
「チャレンジゾーン」では、「倖時間」中に獲得した「語」(ゲーム数)が尽きるまで毎ゲーム「倖時間」を上乗せ抽選しゲーム数獲得で「倖時間」に復帰。
ARTへの突入契機は、CZ「解呪ノ儀」およびボーナス当選。新搭載のCZ「和解ノ儀」移行でART突入濃厚。
「倖時間」中の「倍倍チャンス」は「語」獲得のチャンス。「化物語・解呪ノ儀」は「語」の上乗せ特化ゾーン。「倍倍チャンス」中のボーナス当選で「超倍倍チャンス」の好機。「倍倍チャンス」中の「エクストラサービス」で「語」を直乗せ、「詐欺師ノ戯レ」突入で「語」直乗せのチャンス。
ART終了後に突入する「夢ノ時間を終ワらせるナ」中のレア役当選でARTに復帰できる。

●BBでは、「チャンス告知BB」と「サイレントBB」より選択。BB中の内部状態により「怪異」図柄の役割が大きく変化し、通常時で「解呪ノ儀」もしくは「倖時間」、ART中で「倍倍チャンス」、「倍倍チャンス」中で「倍倍チャンス」ストックもしくは「超倍倍チャンス」を抽選となる。

[2016年2月1日・日刊遊技情報]

関連リンク

「パチスロ偽物語」機種サイト

Copyright

(c)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
(c)Sammy