アクロス パチスロ

リバティベルⅤ(アクロス)

「アクロス」から「クランキーコレクション」につづいて発売される第2弾機種

「Mr.Do」は、1982年発売のアーケードゲームのキャラクターをモチーフとし、1998年にはパチスロとして登場。
slot_ribateliberu5

本体定価38万円。目標販売台数全国2000台。

導入日

2013年9月17日

機種スペック

リバティベルⅤ With Mr.Do      アクロス
ARTタイプ
ART図柄 「EXTRA BONUS」:ピエロ
「BIG BONUS」:赤7
「REGULAR BONUS」:赤7・赤7・BAR
確率 設定 ART 出玉率
「EXTRA
BONUS」
確率
「BB」
確率
「RB」
確率
「BONUS」
合成確率
未公表 1/299.0 1/328.1 1/152.8 97.6%
1/285.3 1/312.0 1/145.7 99.5%
1/255.5 1/285.7 1/132.1 102.2%
1/229.5 1/251.0 1/117.7 106.1%
1/204.3 1/214.3 1/103.0 110.3%
1/178.1 1/178.3 1/87.9 115.3%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●10月6日納品開始予定。目標販売台数全国5000台。

●BB‐ARTタイプ。BBはプレミアムボーナス的な位置付けとなっており、基本的にはARTのみでコインを増やすタイプ。天井は最大1280ゲーム。

●メイン小役抽選システム第3弾として「デカ紅葉」図柄による抽選システムを採用。約15分の1で成立する「デカ紅葉」図柄により「紅葉ポイント」を獲得し、メーター「MAX」到達で、通常時にはART「なでしこRUSH」の直撃抽選と、自力解除チャンスゾーン「覚醒モード」への突入抽選が行われる。またART中には、上乗せ特化ゾーンへの突入抽選が行われる。

●ART「なでしこRUSH」は、1セット40ゲーム以上、1ゲームあたりの純増枚数2.7枚の、ゲーム数上乗せ・継続率管理タイプ。最大継続率は85%。1ゲームあたりの最大上乗せゲーム数は300ゲーム。

●上乗せ特化ゾーンは、自力チャレンジ系の「からくり突破チャレンジ」、毎ゲーム上乗せ系の「紅葉乱舞」、択一自力系の「心眼一閃ノ儀」の3種類。
「からくり突破チャレンジ」では、20ゲームを完走できれば上乗せモード「悪代官カンチョータイム」に突入できる。またその間、自力で「カンチョー継続率」をアップさせる。「カンチョー」では、プッシュボタンを連打し長く叩ければ叩けるほど1回あたりの上乗せゲーム数大量獲得のチャンスとなる。最大継続率は90%、「カンチョー」1回あたりの最大上乗せゲーム数は100ゲーム。

●全設定共通で当選確率9362分の1の「なでしこBONUS」では、「青7」揃いごとにゲーム数上乗せの0ゲーム連が発生し、「天国モード」への移行契機となる。

[8月22日・日刊遊技情報]

関連リンク

「リバティベルV」機種サイト

Copyright
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

-アクロス, パチスロ
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.