パチスロ新台 ネット

スーパーブラックジャック2(ネット)

4号機初代「スーパーブラックジャック」の代名詞「ストックタイム」を再現

コーエーテクモ(当時・テクモ)との業務提携により誕生したパチスロ発の美少女キャラ「Rio」が初登場した2003年発売の4号機「スーパーブラックジャック」から12年ぶりとなる後継機。

151026b

導入日

2015年11月16日

機種スペック

スーパーブラックジャック2          ネット
BB・RB‐ARTタイプ
図柄BB(リアル):青7
RB(リアル):青7・青7・BAR
「Rio BIG BONUS」:白7
「Rio REG BONUS」:白7・白7・BAR
ART「ストックタイム」:BAR
確率設定「BB」
合成確率
「RB」
合成確率
「ボーナス」
合成確率
ART「ストック
タイム」
初当り確率
出玉率
1/1761/3041/1041/158597.1%
1/1671/2861/981/142198.6%
1/1571/2681/921/127099.9%
1/1411/2381/821/1058102.8%
1/1131/1871/651/748108.7%
1/791/1291/441/445119.9%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●コーエーテクモ(当時・テクモ)との業務提携により誕生したパチスロ発の美少女キャラ「Rio」が初登場した2003年発売の4号機「スーパーブラックジャック」から12年ぶりとなる後継機。専用筐体にはルーレット役モノを搭載。

●リアルボーナス、擬似ボーナスを搭載したBB・RB‐ARTタイプ。ART1ゲームあたりの純増枚数は約1.7枚、ボーナス込みでは約2.1枚。天井は、ボーナス・ART間777ゲームもしくは「スイカ」11回当選。初代の代名詞だった「ストックタイム」を擬似ボーナスにより再現。通常時には、多彩なリーチ目により「リーチ目=ボーナス」というパチスロの原点に回帰。

●「ボーナス」確定で「トランプ昇格ゾーン」に移行。トランプ昇格で「ボーナス」がランクアップ。「ミントチャンス」は自力抽選のストック昇格チャンス。獲得枚数は、リアルBB約236枚、リアルRB約88枚、擬似「BB」約120枚、擬似「RB」約60枚。擬似ボーナス中には1ゲーム連抽選を行う。

●通常時に擬似ボーナスをストック。レア小役あるいは既定ゲーム数到達によりART「ストックタイム」で「ボーナス」ストックを解除。カードが揃えば「ボーナス」をストック。「ミントランプ」点滅で大量ストックを示唆。「ストックタイム」中に突入する「リナチャンス」は、「ボーナス」ストック高確ゾーンとなっている。

[2015年10月26日・日刊遊技情報]

関連リンク

「スーパーブラックジャック2」機種サイト

Copyright

(c)コーエーテクモウェーブ All Rights Reserved.
(c)NET CORPORATION