パチスロ KPE

ハイスクールD×D(KPE)

タイアップコンテンツ「ハイスクールD×D」の原作は石踏一榮によるライトノベルであり、2015年までにTVアニメ3期が放映された

専用筐体には、音と形にこだわった「乳(New)スピーカー」、液晶とリール部分の両方に連続して表示され魔方陣が浮き出る「イルミパネル」を搭載。

151016dd

本体定価43万8000円。型式名「ハイスクールDDKR」。総販売元KPE・高砂販売。

導入日

2015年11月2日

機種スペック

ハイスクールD×D        KPE
BB‐ARTタイプ
確率 初当り確率
(ST+ART)
CZ
突入率
出玉率
1/324.77 1/109.11 96.9%
1/312.69 1/107.96 98.1%
1/298.20 1/108.65 99.9%
1/265.80 1/105.62 104.1%
1/246.06 1/106.18 107.1%
1/223.42 1/105.39 112.7%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツ「ハイスクールD×D」の原作は石踏一榮によるライトノベルであり、2015年までにTVアニメ3期が放映された。

●専用筐体には、音と形にこだわった「乳(New)スピーカー」、液晶とリール部分の両方に連続して表示され魔方陣が浮き出る「イルミパネル」を搭載。

●擬似ボーナスを搭載したBB‐ARTタイプ。1ゲームあたりのART純増枚数は2.0枚。天井は純「ハズレ」回数によりおよそ1000ゲーム。有効ラインは中段のみ1ライン。「BAR」揃いのリアルボーナス「Boosted Gear」(BB)は、成立時の状況に応じて役割が変化する。

●ARTは、1セット40ゲームのセット数継続タイプの「ディアボロスドライブ」と、1契機最大200ゲーム上乗せのゲーム数上乗せタイプ「エクステンドドライブ」の2種類があり、「ディアボロスドライブ」中の「エクストラバトル」勝利により、「エクステンドドライブ」に突入できる。

「エクステンドドライブ」中の上乗せは、「魔方陣RUSH」で「魔方陣」をストックし、「召喚アタック」で「魔方陣」を上乗せゲーム数に変換する。引き戻しゾーン「キングスガーデン」中に「魔方陣」を揃えることができれば「魔方陣RUSH」に再突入できる。

●通常時には、周期システムによりCZに突入。レア役成立により周期ゲーム数を大量加算できる。CZ中の「ベル」入賞でバトル勝利の期待度がアップする。バトル勝利で擬似ボーナス「サービスタイム(ST)」に突入。「ST」には、最終告知、完全告知、チャンス告知の3タイプがあり、演出成功でART「ディアボロスドライブ」確定となる。「ST」のART突入率は50%以上。

ART直撃のチャンスとなるスペシャルステージは、「魔方陣チャレンジ」と「冥界」の2種類。

[2015年10月2日・日刊遊技情報]

関連リンク

「ハイスクールD×D」機種サイト

Copyright

(c)2013 石踏一榮・みやま零/株式会社KADOKAWA 富士見書房刊/ハイスクールDxD NEW製作委員会
(c)KPE

-パチスロ, KPE
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.