パチスロ新台 SANKYO

パチスロ マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.(SANKYO)

「パチスロ マクロスフロンティア2」をベースに、1作目「パチスロ マクロスフロンティア はじまりの歌、銀河に響け!」を融合。

擬似ボーナス搭載のARTタイプだった前作の仕様が1作目と同様の純ボーナスを搭載したA+ARTタイプに変更された。

150903makurosu

本体定価43万8000円。型式名「パチスロ マクロスフロンティア2BL」。

導入日

2015年9月28日

機種スペック

パチスロ マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.
SANKYO
BB‐ARTタイプ
BB
図柄
究極クランボーナス:赤7・青7・緑7
アルトボーナス:青7
シェリルボーナス:赤7
ランカボーナス:緑7
確率設定BB
合成確率
ART
初当り確率
ボーナス
+ART
合成確率
出玉率
1/2781/3801/16197.2%
1/2731/3591/15598.5%
1/2661/3391/149100.5%
1/2611/3211/144103.7%
1/2551/2801/133107.8%
1/2501/2521/125112.1%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2014年5月発売の「パチスロ マクロスフロンティア2」をベースに、2012年4月発売の1作目「パチスロ マクロスフロンティア はじまりの歌、銀河に響け!」を融合。擬似ボーナス搭載のARTタイプだった前作の仕様が1作目と同様の純ボーナスを搭載したA+ARTタイプに変更された。通常時の押し順ペナルティは排除されている。「ボーナスライブパネル」と「VF‐25メサイアパネル」の2パネルを同時発売。

●天井は999ゲームでARTに当選。有効ラインは中段の1ライン。携帯連動機能「パワスロ」を搭載。

●ART「バルキリータイム」は、初期ゲーム数40ゲーム以上、1ゲームあたりの純増枚数約1.5枚(ボーナス込み約2.0枚)。

ART当選時に初期ゲーム数を決定する「トライアングルチャンス(TC)」のキャラに、「ミシェル」、「オズマ」、「クラン」の3人と、移行時点で好機となる「オオサンショウウオ」を追加。「ミシェル」は一撃告知型、「オズマ」はランクアップ型、「クラン」はベル当選まで毎ゲーム上乗せ型。TC移行までの「準備中」にモードの昇格抽選が行われ、上位モードほど期待度の高いキャラが選択される。

新たに追加された「上乗せCHARGE」では、規定ポイント到達で10ゲーム間の上乗せ高確状態「フォールドチャンス」に移行し、上乗せ抽選を受けることができる。

[2015年8月26日・日刊遊技情報]

関連リンク

「パチスロ マクロスフロンティア2」機種サイト

Copyright

(c)2009, 2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF制作委員会
(c)SANKYO