パチスロ新台 SANKYO

パチスロ 修羅の刻(SANKYO)

「修羅の刻」は、川原正敏による格闘マンガ「修羅の門」の外伝作品

1989年から2005年にかけ全8編が発表され、2004年にはアニメ化もされている。

150324syuranokoku

本体定価43万8000円。型式名「パチスロ修羅の刻SK」。

導入日

2015年4月20日

機種スペック

パチスロ 修羅の刻      SANKYO
ATタイプ
図柄「SBB」:青7
「BB」:赤7
「RB」:BAR「修羅の刻」
確率設定AT
初当り確率
出玉率
1/394.297.2%
1/373.298.8%
1/353.0100.8%
1/315.5105.1%
1/288.3108.4%
1/275.4110.3%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツ「修羅の刻」は、講談社「月刊少年マガジン」連載の川原正敏による格闘マンガ「修羅の門」の外伝作品。1989年から2005年にかけ全8編が発表され、2004年にはアニメ化もされている。

●1ゲームあたりの純増枚数約3.0枚の、SANKYOとしては初めてとなる高純増ATタイプ。保通協試験変更前に試験を通過していた旧基準機。

●ゲーム数上乗せタイプのAT「伝承RUSH」と擬似ボーナスとのループ「伝承ループ」突入によりコインを増やす。「伝承RUSH」中には「ボーナス」の合成確率が約46分の1にアップする。また「ボーナス」終了後には「伝承RUSH」にかならず移行する。

「伝承RUSH」中のステージランクが上がるほど、上乗せ特化ゾーン「昇龍乱舞」突入期待度がアップ。「昇龍乱舞」中は「リプレイ」以外の全小役でゲーム数上乗せのチャンス。「通常」時には「リプレイ」3連、「極」時には「リプレイ」4連まで継続。終了後には「ボーナス」へ移行する。

●「SUPER BIG BONUS(SBB)」は10ゲーム継続、「ボーナス」中のATゲーム数上乗せ特化モード「時空瞑想モード」への突入抽選確率が約4分の1と高い。「BIG BONUS(BB)」は30ゲーム継続、「時空瞑想モード」突入率は約40分の1。「REGULAR BONUS(RB)」は20ゲーム継続。レア小役当選での「BB」昇格抽選の平均期待度は40%。「SBB」を超える「EXボーナス」に「修羅の刻」があり、10ゲーム間、各リールに「青7」が止まるたびにATゲーム数が上乗せされる。

「時空瞑想モード」では「リプレイ」以外の全小役で「修羅珠」獲得のチャンス。「修羅珠」が5個貯まると「懐中時計」1個を獲得。「懐中時計」は色に応じATゲーム数に変換。「時空瞑想モード 極」では大量ゲーム数獲得に期待できる。

●通常ステージは、期待度の高い順に、「夜桜」>「寺田屋」>「加茂川」>「千葉道場」。AT突入契機は、直撃、前兆ステージ「風雲の刻」、自力解除ゾーン「武闘の刻」。レア小役出現で獲得のチャンスとなる「修羅珠」がマックスとなれば「ボーナス」もしくは「昇龍乱舞」高確率ステージ「一本木の戦い」移行のチャンス。同ステージでは7回の2択「ベル」押し順当てに挑戦し、うち5回正解で「昇龍乱舞」突入が確定。1回でもチャンスがある。

[2015年3月23日・日刊遊技情報]

Copyright

(c)川原正敏/講談社
(c)SANKYO

© 2020 パチンコ新台情報島