パチスロ新台 七匠

パチスロ ベルセルク(七匠)

タイアップコンテンツ「ベルセルク」は、1989年より連載を開始した三浦建太郎原作のダークファンタジーコミック

専用筐体「狂戦士(バーサーカー)」を使用。役モノとして、液晶とリールを“一刀両断”する「ドラゴンころし」を搭載し、筐体全体でコンテンツの豪快な世界観を表現する。

150303beruseruku

本体定価43万8000円。七匠ブランド製パチスロの第1弾機種。総販売元フィールズ。

導入日

2015年3月2日

機種スペック

パチスロ ベルセルク        七匠
ARTタイプ
擬似
ボーナス
図柄
「斬魔BONUS」:赤7
「バーサーカーBONUS」:黒7
「ファルコンBONUS」:白7
「蝕BONUS」:BAR
確率設定「ボーナス」
初当り確率
「ボーナス」
合算確率
出玉率
1/221.81/90.6697.2%
1/210.61/87.9598.7%
1/198.91/79.88100.3%
1/183.71/73.22104.5%
1/173.11/64.65109.0%
1/160.81/62.25112.6%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●専用筐体「狂戦士(バーサーカー)」を使用。役モノとして、液晶とリールを“一刀両断”する「ドラゴンころし」を搭載し、筐体全体でコンテンツの豪快な世界観を表現する。

●1ゲームあたりの純増枚数約2.3枚の擬似ボーナスをストックゾーン「狂戦士モード」中にストックして1ゲーム連での放出によりコインを増やすARTタイプ。小役の最大払い出し枚数は13枚。13枚以上の払い出しで終了するMBを搭載。

●通常時には「ベヘリットポイント」を貯めて自力高確「戦魔CHANCE」突入を狙う。サブ液晶でポイントの獲得状態を示唆。レア小役からの直撃では前兆ステージ「魔群襲来ゾーン」を経由する。

●擬似ボーナス初当り時には、「斬魔BONUS」に突入。同「BONUS」中のレア小役で「BONUS」ストックゾーン「狂戦士モード」を抽選。当選期待度は約30%。「狂戦士モード」では2回目以降の「BONUS」である「バーサーカーBONUS」をストック抽選。リーチ目出現で「BONUS」をストック。「狂戦士モード・滅」なら大量ストックのチャンス。「BONUS」のゲーム数は、1セット40~200ゲーム。「バーサーカーBONUS」では、「BONUS」中の「黒7」揃いによりストック性能がランクアップする。「EXTRA」までランクアップできれば、「狂戦士モード」のストック確率は約12.8分の1となる。ストックできれば以降、1ゲーム連で放出していく。

●「白7」揃いの「ファルコンBONUS」は、ループ率最大82%のループ型「BONUS」。差枚数管理型であり、最大獲得枚数は1セット711枚。
「BAR」揃いからの「最狂フリーズ」がトリガーとなる「蝕BONUS」は、獲得枚数約50枚、「BONUS」終了後に50回連続で「BONUS」ストック抽選が行われる。平均「BONUS」ストック数は10個以上。

[2015年1月26日・日刊遊技情報]

関連リンク

「パチスロ ベルセルク」機種サイト

Copyright

(c)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS
(c)NANASHOW