パチスロ新台 ネット

真モグモグ風林火山 弐の陣(ネット)

2006年に発売された「真・モグモグ風林火山」の後継機

戦国武将・武田信玄をモデルとした「武田モグ玄」が全国制覇を目指す。

150120_mogumogu

本体定価42万8000円。型式名「真モグモグ風林火山2NB」。

導入日

2015年2月2日

機種スペック

真モグモグ風林火山 弐の陣     ネット
ATタイプ
確率設定AT
初当り確率
出玉率
1/266.896.8%
1/256.598.3%
1/247.999.5%
1/231.8102.2%
1/207.8106.6%
1/186.6114.8%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●1ゲームあたりの純増枚数2.4枚のATタイプ。小役の最大払い出し枚数9枚。有効ライン数は下段の1ラインのみ。通常時には、一律50ゲーム(演出上は「50日」)ごとにATの周期抽選が行われ、最大15周期で天井に到達する。

●通常時の50ゲームごとに突入するAT周期チャンスゾーン「モグラ叩き合戦」で敵武将に勝利できればAT「覇業への道」が確定する。次回「モグラ叩き合戦」までの50ゲーム間に「モグ玄軍」の戦力値を示す「武力」と「士気」の「戦力パラメータ」を高めておくほど勝利期待度がアップする。
レア役で移行のチャンスとなるパラメータ高確ゾーン「荒修行」では、パラメータアップにつながる「モグスピ目」の出現率が16分の1から2.5分の1にアップする。「荒修行」の発生確率は84分の1。
周期到達以前でも発生する周期割込みバトル「提督来襲」では、「モグ―提督」とのバトルが発生。全小役でダメージ抽選を行う。発生時のAT突入期待度は45%。

●AT突入時には、モグラ叩きの「御褒美乱打」により初期ゲーム数を決定。継続率は最大98%。平均獲得ゲーム数は約48ゲーム。保証ゲーム数は敵武将により変化する。倒した武将は「モグ玄」のお供となる。
AT中、敵領域に到達すれば敵武将との「一騎決戦」に発展。勝利できれば上乗せ特化ゾーン「風林火山宴武」に突入できる。通常時と同様に「一騎決戦」までに「戦力パラメータ」を高め、勝利期待度を高める。パラメータ高確ゾーンは「電光石火ゾーン」、周期短縮ミッションは「忍アタック」。

●上乗せ特化ゾーン「風林火山宴武」は、上乗せゲーム数、継続率などの異なる「風」「林」「火」「山」の4種類。全国制覇を達成できれば上乗せ覚醒ゾーン「覚醒艶舞」突入となり、覚醒した「モグ玄」が見栄をきるたびに1回あたり100ゲームまたは300ゲームの大量上乗せが発生する。

●AT終了近くの“ダブル救済機能”として、平均8ゲームの「直乗せチャンス」とカットイン発生で復活のチャンスとなる「復活チャンス」が用意されている。

[2015年1月20日・日刊遊技情報]

関連リンク

「真モグモグ風林火山 弐の陣」機種サイト

Copyright

(c)コーエーテクモウェーブ All rights reserved.
(c)NET CORPORATION