パチスロ新台 ロデオ

サラリーマン金太郎 出世回胴編(ロデオ)

タイアップ作品は、原作・本宮ひろ志のマンガ「サラリーマン金太郎」

1994年より『週刊ヤングジャンプ』に連載され、シリーズ化。これまでにもサミーよりパチンコが、ロデオよりパチスロが発売されている。

141126kintaro

本体定価43万8000円。製造元ロデオ、総販売元フィールズ。型式名「サラリーマン金太郎XF」。携帯連動サービス「マイスロ」に対応。

導入日

2015年1月5日

機種スペック

サラリーマン金太郎 出世回胴編        ロデオ
ATタイプ
図柄擬似ボーナス「BIG BONUS」:赤7/青7
確率設定AT出玉率
「BB」
確率
AT「金太郎チャンス」
初当り確率
「BB」+AT
合成確率
1/684.71/682.51/341.597.4%
1/669.61/660.31/332.598.6%
1/653.21/637.31/322.6100.1%
1/581.81/541.51/290.5104.8%
1/538.81/481.61/254.9108.5%
1/501.81/435.71/233.2115.1%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●純増枚数約2.8枚のATタイプ。擬似ボーナス「BIG BONUS(BB)」を搭載。小役の最大払い出し枚数8枚。有効ライン数中段1ライン。通常時のレア役確率は約26分の1。画面左下に「書類」出現でレア役の前兆。押し順ナビ高確状態となる「ジャルダン」ステージ滞在時にはレア役確率が約9.9分の1にアップ。

●AT「金太郎チャンス(金チャン)」は、1セット50ゲームのゲーム数上乗せ型。レア役、上乗せ、「BB」が「確変」状態となる「トリプル確変システム」となる。滞在ステージにより「BB」確率が変化。「BB」ステージは、当選期待度の低い順に、約99分の1「波止場」、「正念場」、約15分の1「修羅場」。そして10ゲーム1セットの超高確「天王山」は約4.2分の1と、通常時の100倍以上にアップ。すべての役で「BB」抽選が行われる。「BB」当選で「天王山」ゲーム数が上乗せされる。
AT中の上乗せ契機にはゲーム数直乗せのほか、ゲーム数上乗せと「BB」当選チャンスの「拳バトルチャンス」、上乗せ30ゲーム以上と「BB」当選チャンスの「出世回胴チャンス」、「BB」期待度80%以上とチャンス成功で「修羅場」ステージ以上の「鷹司チャンス」といったチャンスゾーンがある。

●初当りの50%がAT、50%が「BB」。「BB」は20回または50回の「ベル」回数管理型。「BB」中の「拳」揃いでゲーム数上乗せもしくはAT突入確定。AT中の「BB」当選からはかならず、ループ率最大90%、「ベル」5回1セットの「EXTRA BB」に突入する。

●「伝説フリーズ」では、①AT確定の「青7BB」、②「EXTRABB」、③「天王山」ステージの3つの特典がひとつのフラグに凝縮されている。

[2014年11月26日・日刊遊技情報]

関連リンク

「サラリーマン金太郎 出世回胴編」機種サイト

Copyright

(c)本宮ひろ志/集英社/FIELDS
(c)Sammy (c)RODEO