パチスロ新台 サミー

パチスロ化物語(サミー)

タイアップ作品の原作「化物語」は2006年発売の西尾維新によるライトノベル「〈物語〉シリーズ」第1弾

本機は、2009年に放映されたアニメ版とのタイアップ。アニメーションの製作はシャフト。「講談社BOX」ブランドより発売されているライトノベルは現在までに14巻が発売されている。
slot_bakemonogatari
本体定価43万8000円。目標販売台数全国1万5000台。型式名「化物語ZX」。

導入日

2013年10月7日

スペック

パチスロ化物語      サミー
ATタイプ
確率設定AT初当り
確率
CZ
「解呪ノ儀」
確率
出玉率
1/215.51/93.097.4%
1/207.51/88.898.6%
1/199.41/85.3100.8%
1/191.91/81.0103.5%
1/181.11/76.5107.1%
1/155.41/61.4112.4%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●ATのみでコインを増やすタイプ。1000円あたりのベースとなるゲーム数は約31ゲーム、コイン単価は約3.1円。有効ライン数は中段1ラインのみ。小役の最大払い出し枚数は中段「ベル」の10枚。携帯電話と連動した「マイスロ」に対応。演出では、メニュー画面から「マイヒロイン」を選択する「ヒロインシステム」を搭載。

●AT「倖時間(ハッピータイム)」は、1ゲームあたりの純増枚数約2.7枚、初期枚数150枚の差枚数管理型。モードは、高確期待度が高い順に「蕩」>「萌」>「通」の3種類があり、「蕩」は高確率確定。特定枚数突破で楽曲を追加。「ヒロインシステム」により、各ヒロインごとに専用AT画面が用意されている。「ロングフリーズ」からの最強演出「始マリノ刻」では、擬似ボーナスとAT「倖時間」が確定する。

[9月9日・日刊遊技情報]

関連リンク

「パチスロ化物語」機種サイト

Copyright
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
(C)Sammy