パチスロ新台 ネット

スナイパイ71(ネット)

「スナイパイ72」の後継機

攻守に分かれたガチバトルが展開されるAT「殲滅大作戦」を搭載

販売予定台数8000台。型式名「Sスナイパイ71CC」。

導入日

2020年4月6日

機種スペック

スナイパイ71   ネット
ATタイプ
確率設定アミヤバトル
確率
殲滅大作戦
(AT)確率
合算確率
1/4531/4161/217
1/4331/3821/203
1/3891/3461/183
1/3081/2761/146
1/2771/2221/123
1/2541/2031/113

大当り確率・リーチ演出のポイント

●伝説の貧乳スナイパー・ミウが、巨乳組織ビッグバーストとガチンコバトルを繰り広げた「スナイパイ72」の後継機。攻守に分かれたガチバトルが展開されるAT「殲滅大作戦」でメダルを増やす仕様となっている。

●ATタイプ。AT「殲滅大作戦」は差枚数管理タイプで、消化中に展開される敵キャラクターとのガチバトルに勝利し、上乗せ特化ゾーン「OST(おしりスナイプタイム)」を目指す。

●上乗せ特化ゾーン「OST」では、技術介入成功で上乗せ枚数ベースUP、押し順正解すると上乗せ枚数が2倍といった要素のほか、ミウが開眼し「心眼OST」が発動すれば、技術介入超高確率&押し順ナビが発生するチャンスとなる。

●通常時の特定条件で発動するプレミア感覚の上乗せ特化ゾーンとして「おしりペンペンタイム(OPT)」も復活。シリーズ初の差枚数上乗せでMAX99%のガチループも健在だ。

●難易度の異なる2つの技術介入モードを搭載した点が大きな特徴。「スタンダードモード」は難易度低めで2コマ目押し、もう一方の「プロフェッショナルモード」はビタ押しが求められる上級者向けモードとなり、いずれも目押しカットイン発生時に、デカパイ図柄の目押し成功がポイントとなる。

この技術介入モードは筐体の色で判別可能となっており、「スタンダードモード」は青色、「プロフェッショナルモード」は赤色。完全攻略時における機械割は「スタンダードモード」が102.0%~109.3%、「プロフェッショナルモード」が104.1%~110.1%と、それぞれ100%を超えている。

関連リンク

「スナイパイ71」機種サイト

Copyright

(c)NET CORPORATION