パチスロ新台 エレコ

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2(エレコ)

大ヒット機「バジ絆」の正統後継機

豊富な設定推測要素や立ち回り要素まで大ヒットした前作の魅力を余すところなく完全継承

型式名「S/甲賀忍法帖/LL」。

導入日

2020年2月17日

大当り確率・リーチ演出のポイント

●「絆高確」の自力感はそのままに、豊富な設定推測要素や「バジリスクチャンス」(BC)スルー狙いといった立ち回り要素まで大ヒットした前作の魅力を余すところなく完全継承。さらに、新規描き下ろし演出や前作にはなかった新たなゲーム性を盛り込んだ正統後継機。

●ゲームフローは前作同様に、「バジリスクチャンス」(BC)を契機に「バジリスクタイム」(BT)を狙う流れ。BCは「弦之介」(チャンス告知)、「朧」(後告知)、「天膳」(完全告知)の3名のキャラクターから選択が可能。告知パターンや法則、更には揃った図柄や状態によってBT突入率が変化するなど前作の人気ポイントも踏襲している。

●AT「バジリスクタイム」は純増約2.9枚/G、1セット約40G継続。前半パート「追想の刻」と後半パート「争忍の刻」がループするお馴染みのゲーム性を踏襲し、「追想の刻」には特定役を契機に絆玉の獲得抽選が行われる新たな要素を追加。獲得した絆玉は「争忍の刻」開始時に消費し、1個以上獲得していれば絆高確(対応したチャンス役のBC期待度が上昇)が発動し、4個以上ならBC当選に大きな期待が持てる「絆モード」に突入する。「絆高確」を自力で勝ち取る、この「絆玉システム」が本機の特徴となっている。

●「争忍の刻」は基本の流れを踏襲しつつ、示唆演出や新エピソードも用意。最初の3Gで対決人数を決定し、その後約30G間に渡ってミニキャラバトルが展開され、最終的に天膳バトルで弦之介が勝利すれば継続となる。ATの継続にはシナリオシステムが採用されており、ステージ履歴から継続シナリオを看破する楽しみが追加され、エンディングへの期待感を更に高める。

関連リンク

「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2」機種サイト

Copyright

(c)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(c)KING RECORD CO.,LTD.
(c)UNIVERSAL ENTERTAINMENT