パチスロ新台 コナミアミューズメント

マジカルハロウィン7(コナミアミューズメント)

マジハロ史上最強・最速の「カボチャンス」搭載

シリーズお馴染みの「カボチャンス」も進化を遂げ、新たに「RESET」という要素を追加

本体定価43万8000円。販売予定台数8000台。型式名「Sマジカルハロウィン7KU」。

導入日

2019年12月2日

機種スペック

マジカルハロウィン7  コナミアミューズメント
ATタイプ
確率設定「ボーナス」
初当り確率

AT
初当り確率

出玉率
1/232.51/641.798.3%
1/222.31/594.899.5%
1/210.91/547.9100.7%
1/187.71/466.6103.4%
1/173.41/420.5105.0%
1/156.11/354.9108.1%

大当り確率・リーチ演出のポイント

●人気コンテンツ「マジカルハロウィン」シリーズ最新作となる本機は、「マジハロ史上最強・最速のカボチャンス」が特徴のATタイプ。シリーズお馴染みの「カボチャンス」も進化を遂げ、新たに「RESET」という要素が追加された。

●ATは1ゲームあたりの純増枚数1~3枚、疑似ボーナス中は約5.0枚。

疑似ボーナスは「BIG BONUS」が「BAR」揃い(200枚+アルファ+「カボチャンス」確定)と「赤7」揃い(100枚+アルファ)の2種類で、ボーナス中は「まじかるちゃんす」発生で「カボチャンス」のストックを獲得。通常時からのボーナスはレア役で「カボチャレンジ」ゲーム数上乗せを行い、AT中はレア役でボーナス中の差枚数上乗せを抽選する。「REG BONUS」は50枚+α獲得で消化中のレア役は上乗せ濃厚となっている。「白7」揃い「みことくえすと」はコインナビ回数20回で「アリス」達を発見できれば「カボチャンス」のゲーム数を上乗せする。

●AT「カボチャンス」は1セット平均45ゲーム+α継続し、純増は約1~3枚と状態によって変化する仕様。出玉スピードだけでなく、ベルナビが多いほど特化ゾーンの上乗せ性能がアップする点もポイントとなっている。「RESET」は、発生すれば「カボチャンス」のゲーム数が巻き戻るというもので、発生確率は約170分の1(設定①)。上乗せすればするほどRESETループへの期待が高まっていく。

●通常時のボーナス終了後と「カボチャンス」終了後に突入する「カボチャレンジ」は全役でAT突入のチャンスとなっており、新たな特化ゾーンとして「カボチャンス」初期ゲーム数決定ゾーン「EXチャレンジ」を搭載。当選役に応じてランクを優遇し、「EXカボチャレンジ(紫)」突入時は平均上乗せ135ゲームとなっている。

そのほかセットストックに加えて特化ゾーン自体のゲーム数上乗せ抽選が行われる「アリスの王様カボチャンス」、新キャラが活躍するST型カボチャンスゲーム数上乗せ特化ゾーン「ミコトタイム」を搭載する。

●通常時のレア役や100ゲームの周期で突入するCZ「桔梗ゾーン」は15ゲーム+α継続のボーナス高確率ゾーンとなっており、コイン揃いやレア役でボーナスストック抽選を行っており、カットイン発生でボーナスのチャンス。「鬼桔梗ゾーン」は突入時点でボーナス確定となり、CZ成功で「ミコトタイム」や「ナビ盛」といった恩恵も獲得できる。

[2019年11月19日・日刊遊技情報]

関連リンク

「マジカルハロウィン7」機種サイト

Copyright

(c)Konami Amusement