パチンコ新台 SANKYO

PFスーパー戦隊S(SANKYO)

「ゴレンジャー」をはじめ、20代から50代まで各世代で人気となった9戦隊とタイアップ

 

p%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e6%88%a6%e9%9a%8as_r

 

本体定価43万9000円、セル定価39万9000円。販売予定台数4000台。型式名「Pフィーバースーパー戦隊S」。「Fortune」枠。

 

導入日

2019年4月22日

 

機種スペック

PFスーパー戦隊S        SANKYO
CR第1種タイプ
賞球数4(ヘソ)&1(電チュー)&4&2&11
確率設定①1/199.8→1/76.2(約2.6倍)
設定②1/196.2→1/74.8
設定③1/191.6→1/73.1
設定④1/185.7→1/70.8
設定⑤1/180.0→1/68.7
設定⑥1/175.2→1/66.8
出玉10R:最大1100個
8R:最大 880個
6R:最大 660個
4R:最大 440個
※すべて10C
確変ST突入率 50%(ST120回)
ST継続率 約79.5%(設定①)~約83.6%(設定⑥)
時短引戻し率 約39.5%(設定①)~約43.6%(設定⑥)(時短100回)
・ヘソ…4R確変:50%、4R通常(時短100回):50%
・電チュー…10R確変:40%、8R確変:4%、6R確変:16%、4R確変:40%
※すべての確変大当り終了後にはST120回が付与される
変短大当り終了後、120回、100回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●戦隊シリーズの元祖「ゴレンジャー」をはじめ、20代から50代まで幅広い層をターゲットにした9戦隊とタイアップ。設定1でも約80%という高いST継続率やカードを集めて戦隊を集結させる「戦隊集結システム」などの原作の世界観を活かしたゲーム性が特徴となっている。
●大当り確率199.8分の1(設定1)~175.2分の1(設定6)の6段階設定付きライトミドルタイプ。ヘソ入賞時は50%、電チュー入賞時は100%でST120回に突入するV-STタイプで、ST継続率は約79.5%~約83.6%。通常大当たり後は100回の時短が付与される(時短引き戻し率は約39.5%~約43・6%)。潜伏確変や小当りは非搭載。
●大当りは最大1100個獲得の10R大当り、同880個獲得の8R大当り、同660個獲得の6R大当り、同440個獲得の4R大当りの4種類。ヘソ入賞時はすべて4R大当りとなる一方、右打ち中は10R大当りが40%となっており、約80%のST継続率とあわせて出玉感にも期待感が持てる仕様となっている。
●初当りは7図柄揃いが「SPECIAL FEVER」となり、大当り後にST120回の「SUPER戦隊RUSH」に突入。一方、7以外の図柄揃いは「殲滅BONUS」となり、大当り中に敵を殲滅すればST120回、失敗時は時短100回の「SUPER戦隊RUSH」に突入する。
「SUPER戦隊RUSH」は液晶上に張り付くカードで期待度を告知するカードバトルタイプと様々なゲーム性で大当りを目指す専用演出タイプのゲーム性が異なる6つのモードが選択可能となっている。
●「戦隊集結システム」は予告やリーチなどあらゆるタイミングでカード(全44種類)を獲得。5枚集めるたびに戦隊アイコンをストックし、戦隊アイコン拡大で様々な演出に発展する。

[2019年4月22日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「Pフィーバースーパー戦隊S」機種サイト

 

Copyright

(c)石森プロ・東映
(c)東映
(c)Marvel Characters,Inc. All Rights Reserved,
(c)SANKYO