パチンコ新台 マルホン

CR超シャカRUSH GL1(マルホン)

2009年発売の「CRシャカRUSH」からつづく「CRシャカRUSH」シリーズの5作目

盤面中央に配置した「シャカ」の巨大な黄金の顔がロボットの役モノ「シャカンナー」に変身すれば激アツ。
pachi_tyousyakarassyu
液晶非搭載のドット機となっており、本体定価26万8000円、セル定価21万8000円。目標販売台数7000台。「Z‐MODEL」枠。

導入日

2014年2月17日

スペック

CR超シャカRUSH GL1     マルホン
CR第1種タイプ
賞球数3&2(電チュー)&10&12&10(下AT)&13(上AT)
確率大当り:1/198.7→1/85.5(約2.3倍)
小当り:ヘソ…1/379.7、電チュー…1/18.8(合算)
出玉16R(上AT):最大1872個
16R(下AT):最大1440個
16R(実質10R・下AT):最大900個
5R(下AT):最大:450個
16R(RUB・実質16R・上AT):最大1872個
16R(RUB・実質10R・上AT):最大1170個
16R(RUB・実質 8R・上AT):最大 936個
16R(RUB・実質 4R・上AT):最大 468個
16R(RUB・実質 2R・上AT):最大 234個
※すべて9C
確変突入率   100%(ST108回)
ST継続率 72.5%(メーカー発表値)
・ヘソ…16R(上AT):1%、16R(実質10R・下AT):40%、5R(下AT):25%、16R(RUB・実質16R・上AT):4%、16R(RUB・実質8R・上AT):7%、16R(RUB・実質4R・上AT):8%、2R(出玉無・上AT):15%
・電チュー…16R(上AT):45%、16R(下AT):1%、5R(下AT):19%、16R(RUB・実質16R・上AT):2%、16R(RUB・実質10R・上AT):3%、16R(RUB・実質2R・上AT):15%、2R(出玉無・上AT):15%
※すべての大当りに変短108回がつく
変短大当り終了後108回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2009年発売の「CRシャカRUSH」からつづく「CRシャカRUSH」シリーズの5作目。盤面中央に配置した「シャカ」の巨大な黄金の顔がロボットの役モノ「シャカンナー」に変身すれば激アツ。また盤面の下部には巨大なパトライトを搭載しており、この発動でも激アツとなる。ドット演出では、シリーズ恒例の”笑撃ドット演出”を継承する。

●大当り確率379.7分の1のマックスタイプ「CR超シャカRUSH R」と、大当り確率198.7分の1のライトミドルタイプ「CR超シャカRUSH GL1」の2スペックを発売。両スペックともに大当りラウンド終了後に確変突入率100%のST「超釈迦RUSH」がつく。STの回転数は、仏教で煩悩の数とされる108回。両スペックとも、潜伏確変を非搭載、ヘソと電チューからの小当りを搭載する。

●通常時からの出玉のある大当りは、16R「超BIGボーナス」、実質10R「BIGボーナス」、5R「REGボーナス」、ランクアップボーナス(RUB)「釈迦ボーナス」のいずれか。

●ST中に、左・中・右のいずれかに「喝」図柄が停止すれば、RUB「喝アタック」に突入。ただし、小当りの場合も含まれる。ST中の突確当選でSTが108回に回復する「煩悩チャージ」となる。
ST中には「無茶修行リーチ」、「昇天チャンス」など、さまざまな専用演出が用意されている。ST終了後には、専用演出で20回限定の「パトモード」に移行。このモードには電サポがつかない。

●役モノには、「シャカンナー」、パトライトのほか、「ゴッドフラッシュ」、「チビシャカ」と、タッチセンサーの「幸せんさー」を搭載する。

[1月28日・日刊遊技情報]

その他スペック

CR超シャカRUSH R

関連リンク

「CR超シャカRUSH」機種サイト

Copyright
(C)MARUHON