パチンコ新台 大一

CRフルーツパンチ(大一)

1991年に登場した連チャン機「フルーツパンチ」のリメイク機

当時の演出を元にした「オリジナルモード」と、様々な演出がプラスされた「バラエティモード」から選択が可能。
170501f
本体定価34万9000円、セル定価30万9000円。販売予定台数3000台。型式名「CRフルーツパンチAM‐F」。「デュアルサークル」枠。

 

導入日

2017年1月16日

 

機種スペック

CRフルーツパンチ        大一
CR第1種+第2種タイプ
賞球数4(ヘソ)&3&4&14
確率大当り:1/319.68(V入賞による役モノ連タイプ) 小当り:1/7.31(電チューのみ)
出玉実質15R:最大2100個    12R:最大1680個 ※すべて10C
振り 分け時短突入率 64.0% 時短継続率 36.2% ・ヘソ…12R(時短99回):64.0%、12R(時短0回):36.0% ・電チュー…実質15R(時短99回):36.2%、実質15R(時短0回):63.8%
時短大当り終了後、99回、0回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●1991年に登場した連チャン機「フルーツパンチ」のリメイク機。大当り確率319.68分の1のミドルタイプ。1種2種混合タイプで、V入賞による役モノ連によって継続。実質継続となる時短99回の突入率はヘソ64.0%、電チュー36.2%。右打ちからはすべて最大2100個獲得の実質15R大当りとなっている。

 

●通常時は、左打ちで中央の入賞口を狙い、上段セグの数字が揃えば大当り。大当り時は、中央下の入賞口で消化し、右下の入賞口作動で下段セグが可動。下段セグの数字揃いで次回大当り確定となる。

 

当時の演出はそのままにシンプルなゲーム性となる「オリジナルモード」と、様々な演出がプラスされた「バラエティモード」から選択が可能。

 

[2016年12月22日・日刊遊技情報]

 

その他スペック

CRフルーツパンチ 234ver.
CRフルーツパンチ 129ver.

 

関連リンク

「CRフルーツパンチ」機種サイト

 

Copyright

(c)Daiichi