パチンコ新台 SANKYO

CRFバニー&バニーG(SANKYO)

1993年発売の権利物「バニーズ」のリメイク機

液晶非搭載で、盤面中央に7セグやルーレット役モノを配した第1種+第2種混合タイプ。

 

161014bunny79-90

 

本体定価37万9000円、セル定価33万9000円。販売予定台数3000台。「Fortune」枠。合算大当り確率約114.0分の1の「CRフィーバーバニー&バニーA」と合算大当り確率約79.9分の1の「CRフィーバーバニー&バニーG」の2スペックを用意。

 

導入日

2016年10月10日

 

機種スペック

CRFバニー&バニーG        SANKYO
CR第1種+第2種タイプ
賞球数5(ヘソ)&1(電チュー)&3&10
確率大当り:1/109.6 実質大当り:約1/79.9
出玉15R:最大1050個  6R:最大 420個 ※すべて7C
振り 分け「バニーラッシュ」突入率 60% 「バニーラッシュ」継続率 約60% ・ヘソ+V…実質6R(時短100回):60%、実質6R(時短0回):40% ・電チュー…15R(時短100回):50%、6R(時短100回):50%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●1993年発売の権利物「バニーズ」のリメイク機。液晶非搭載で、盤面中央に7セグやルーレット役モノを配した第1種+第2種混合タイプ。「CRFバニー&バニーA」は右打ち「バニーラッシュ」の突入率60%、継続率約50%。右打ちからは最大1575個獲得の15R比率が80%。「CRFバニー&バニーA」は右打ち突入率60%、継続率約60%。右打ちからは最大1050個獲得の15R比率が50%。両スペックともにヘソ賞球5個、電チュー賞球1個タイプ。

 

●通常時は2系統の大当りフローを搭載しており、「7・7」「3・3」図柄揃いによる大当りのほか、「7・3」「3・7」図柄揃いからは「バニーズチャンス」に突入。上部チャッカーに玉を入れ、ルーレット役モノ内の白玉が赤い枠に入れば大当りとなる。大当りラウンド後は、「○×ルーレット」を行い、「○」停止で時短100回「バニーラッシュ」に突入する。

 

●演出では、予告アクションとして保留変化やロゴフラッシュなどを搭載。リーチでは図柄が周回するほどチャンスとなる「初代バニーズリーチ」のほか、「高速変動」「爆発」「落雷」など多数の演出を搭載する。

 

[2016年10月13日・日刊遊技情報]

 

その他スペック

CRFバニー&バニーA

 

関連リンク

「CRFバニー&バニー」機種サイト

 

Copyright

(c)SANKYO