パチンコ新台 タイヨーエレック

パチスロBLOOD+ 二人の女王(タイヨーエレック)

2010年にタイヨーエレックから発売されたパチスロ「BLOOD+」の続編

。「BLOOD EYE」図柄揃いがゲーム性のカギとなっており、成立時はボーナス、ARTなど様々な恩恵を受けられる。

 

160912blood

 

本体価格43万8000円。販売予定台数2万5000台。型式名「パチスロBLOOD+二人の女王/XA」。

 

導入日

2016年9月5日

 

機種スペック

パチスロBLOOD+ 二人の女王        タイヨーエレック
BB‐ARTタイプ
図柄BB:赤7/青7/赤7・赤7・青7/青7・青7・赤7
「二人の女王モード(PBB)」:赤7・赤青7・青7
「DEAD or ALIVE」:BAR
確率設定BB 確率ART 初当り確率BB +ART 合成確率出玉率
1/455.11/398.01/212.397.8%
1/448.91/382.51/206.598.7%
1/436.91/356.11/196.2100.7%
1/420.11/315.31/180.1104.5%
1/404.51/270.91/162.2108.2%
1/381.01/231.11/143.9112.2%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツの「BLOOD+」は、2000年放映のアニメ映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を元として制作されたメディアミックス作品。本機は、2010年にタイヨーエレックから発売されたパチスロ「BLOOD+」の続編。「BLOOD EYE」図柄揃いがゲーム性のカギとなっており、成立時はボーナス、ARTなど様々な恩恵を受けられる。

 

●前作同能のBB‐ARTタイプ。ART「BLOOD CHANCE+」は1ゲームあたりの純増枚数約1.5枚。BBは純増枚数204枚。

 

●ARTは初期50ゲームのゲーム数上乗せタイプ。滞在ステージによって「BLOOD EYE」図柄揃い期待度が異なる。主に押し順3択による「コープスコーズミッション」で上乗せ。特化ゾーン「女王血戦」はバトル敗北まで継続し、「BLOOD EYE」図柄揃いで上乗せチャンスの「小夜フェーズ」に突入して攻撃ヒットで上乗せ。基本5ゲームの「ディーヴァフェーズ」敗北で終了。最大継続期待度は約90%。BBの一部からは毎ゲーム上乗せ抽選を行う「バーサクモード」に突入できる。

 

一撃契機となるプレミアムボーナス「二人の女王モード」では、期待度が高く上乗せゲーム数の少ない「赤7」揃いと、期待度は低いが上乗せゲーム数の多い「青7」揃いから選択が可能、成功率は50%。終了後に「女王血戦」へ突入する。「BAR」揃い時は「DEAD or ALIVE」となり、ART突入に加えて、50ゲームまたは1000ゲーム上乗せを各50%で抽選する。

 

●通常時は主にCZ「BLOOD CHANCE」でART突入を抽選。すべての敵を倒せば成功となる。BBは、後半のバトル勝利でARTに突入できる。

 

[2016年9月30日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「パチスロBLOOD+ 二人の女王」機種サイト

 

Copyright

(c)2005 Production I.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO
(c)Sammy (c)TAIYO ELEC