パチンコ新台 平和

CR烈火の炎2 319ver.(平和)

1995年より『週刊少年サンデー』で連載を開始した安西信行によるファンタジー系格闘マンガ

平和より2013年に発売された「CR烈火の炎」シリーズの後継機。

 

160516烈火の炎

 

本体定価41万9000円、セル定価37万9000円。販売予定台数1万8000台。型式名「CR烈火の炎2 H1AZ」。「RISING X」枠。

 

導入日

2016年6月13日

 

機種スペック

CR烈火の炎2 319ver.        平和
CR第1種タイプ
賞球数3&1(電チュー)&3&4&15&15
確率1/319.7→1/95.8(約3.3倍)
出玉15R(下AT)+1R(上AT):最大2400個+α 11R(下AT)+1R(上AT):最大1800個  6R(下AT):最大 900個  2R(下AT)+1R(上AT):最大 450個  4R:最大 504個 ※すべて9C
確変 (V-ST タイプ)突入率 60% 継続率 約65%(ST100回) ・ヘソ…実質11R(下AT)+1R(上AT)確変:60%、実質6R(下AT・時短50回):40% ・電チュー…15R(下AT)+1R(上AT)確変:80%、2R(下AT)+1R(上AT)確変:20% ※すべての確変大当り終了後には変短100回がつく
変短大当り終了後、100回、50回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツ「烈火の炎」は1995年より『週刊少年サンデー』で連載を開始した安西信行によるファンタジー系格闘マンガ。平和より2013年に発売された「CR烈火の炎」シリーズの後継機。

 

新ギミックとして、「CR黄門ちゃま超寿」シリーズに搭載されていた「ゴチ装置」の進化版となる「バーニングユニット」を搭載。16R大当り当選時には盤面右側で玉が分岐し、「火影ルート」通過後「バーニングユニット」上部に玉を貯留し、2Rに1回解放。アタッカー賞球に「火影GATE」通過分の賞球を上乗せすることにより、一度の大当りで2400個以上の大量出玉を獲得できる。

 

●大当り確率319.7分の1のミドルタイプで、V‐STタイプ。ST100回の突入率60%、継続率約65%。右打ち時は最大2400個+αの16R大当り比率が80%。潜伏確変、小当りは非搭載。

 

●初当りからは数字図柄大当りで「チャレンジボーナス」、特殊図柄大当りで「十二支ボーナス」に突入。ラウンド中の演出成功で「エクストラボーナス」消化後、STに突入。演出失敗時は時短50回「激闘CHANCE」に移行する。

 

ST「激闘RUSH」では図柄揃いで16R大当り「スーパーバーニングボーナス」に当選。2400個の出玉に加えて「バーニングユニット」が作動する。ST中は「虚空咆哮」ギミック作動で16R大当り濃厚。数字図柄揃いは3R確変大当りとなる。

 

●通常時は6種類の通常ステージと4種類のチャンスゾーンで構成。「火影」の仲間がチャンスを誘発する「火影チャージ予告」では、ストックした仲間によって異なるチャージ演出が発生。リーチ演出には「VS系リーチ」や「ストーリーリーチ」のほか、「裂神召喚リーチ」で大チャンスとなる。

 

[2016年5月16日・日刊遊技情報]

その他スペック

CR烈火の炎 9AW1
CR烈火の炎2 219ver.
 

関連リンク

「CR烈火の炎2」機種サイト

 

Copyright

(c) 安西信行/小学館
(c) HEIWA