パチンコ新台 七匠

CRアメイジング・スパイダーマン(七匠)

タイアップコンテンツ「アメイジング・スパイダーマン」は、アメコミのマーベル・コミックを原作とする2012年公開の映画

ヒロインは「グウェン」、敵キャラは「リザード」。

160325spi

本体定価38万8000円。型式名「CRアメイジング・スパイダーマンMLPM」。七匠によるパチンコ参入第1弾、新枠。総発売元はフィールズ。

導入日

2016年4月11日

機種スペック

CRアメイジング・スパイダーマン        七匠
CR第1種タイプ
賞球数3&1(電チュー)&3&12
確率1/258.02→1/64.89(約4.0倍)
出玉12R(7C):最大1008個  5R(7C):最大 420個 (実質)3R(7C):最大252個
確変 (ループ タイプ)突入率 92% ・ヘソ…12R確変:2%、実質3R確変:8%、実質3R確変(潜伏初回のみ):40%、実質3R確変(潜伏継続):42%、実質3R通常(時短0回):8% ・電チュー…12R確変:8%、5R確変:78%、2R確変(出玉無):6%、2R通常(出玉無、時短10回):8%
時短大当り終了後、10回、0回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツ「アメイジング・スパイダーマン」は、アメコミのマーベル・コミックを原作とする2012年公開の映画。ヒロインは「グウェン」、敵キャラは「リザード」。本機の演出では、実写映像登場で高信頼度の演出となる。

●大当り確率258.02分の1の確変ループタイプ。確変突入率・継続率は現役最高峰の92%。右打ち時には“超高速消化”。

●連続予告と先読みがミックスした新感覚演出として「スパイダー変動システム」を搭載。スタート入賞後、7セグにより演出変動回数を決定。7セグの数字に応じて液晶に演出保留が出現。演出保留の数だけ7セグが変動する。演出変動回数が多いほど期待度がアップし「7」なら激アツ。演出変動回数が「3」もしくは「4」の時にはテンパイの回数により期待度が変化し、テンパイ2回で4回目でのSPリーチ濃厚、3回で信頼度40%以上となる。演出保留は、色により期待度が変化する「フィルム保留」とキャラにより変化する「カプセル保留」の2種類。どちらも「スパイダーマン」登場で期待度がアップする。

●初当り時には、「AMAZINGBONUS」で12R確変大当り。「SPIDER BONUS」で実質3R大当りとなり、ラウンド終了後の「EPISODE MISSION」成功で確変「AMAZING RUSH」に突入できる。「RUSH」中は「リザード」に敗北で「Revival Time」に移行し、60秒以内の復活で確変に復帰できる。

●強力演出の“5大演出”は、さまざまな場面で出現する「マグマ柄」、セグに「7」が出るほど期待度アップの「7TH RUSH」、液晶上の役モノが光れば大チャンスの「ビッグスパイダー」、2人一緒に登場で激アツの「スパイダーマン&グウェン保留」、テンパイ後に発生する高信頼度の「ダイジェスト予告」。

[2016年3月25日・日刊遊技情報]

関連リンク

「CRアメイジング・スパイダーマン」機種サイト

Copyright

(c)2016 MARVEL
(c)2012 CPII (c)NANASHOW