パチンコ新台 奥村

ぱちんこCR Dororonえん魔くん メ~ラめら 299type(奥村)

永井豪原作のマンガ「ドロロンえん魔くん」をベースにした2011年放映のアニメ作品「Dororonえん魔くん メ~ラめら」とのタイアップ

演出では、「キューティーハニー」などほかの永井豪作品のパロディ出演を含め、お色気表現を可能な限り搭載している。
pachi_dororon-ennmakun
本体定価37万9000円、セル定価33万9000円。目標販売台数全国1万5000台。「星波」枠。

導入日

2013年12月2日

スペック

ぱちんこCR Dororonえん魔くん メ~ラめら 299type  奥村
CR第1種タイプ
賞球数3&2(電チュー)&10&12
確率大当り:1/299.3→1/47.1(約6.4倍)
小当り:ヘソ…1/187.2、電チュー…1/12.9
出玉16R:最大1728個/標準1550個
12R:最大1296個/標準1170個
8R:最大 864個/標準 780個
4R:最大 432個/標準 390個
※すべて9C
確変突入率 100%(ST75回)
ST継続率 約80%(ST75回)
・ヘソ…16R:15%、12R:20%、8R:40%、4R(出玉無):1%、4R(出玉無・変短0回(初回のみ)):24%
・電チュー…16R:25%、12R:15%、8R:15%、4R:45%
変短大当り終了後75回、0回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●永井豪原作のマンガ「ドロロンえん魔くん」をベースにした2011年放映のアニメ作品「Dororonえん魔くん メ~ラめら」とのタイアップ。演出では、「キューティーハニー」などほかの永井豪作品のパロディ出演を含め、お色気表現を可能な限り搭載している。

●大当り確率385.5分の1、ST継続率約77%のマックスタイプ「~385type」(型式名「CR Dororonえん魔くんH4)、および大当り確率299.3分の1、ST継続率約80%のミドルタイプ「~299type」(型式名「CR Dororonえん魔くんM4)の2スペックを発売。両スペックともに大当り終了後には確変突入率100%のSTに突入する。

●確変中の大当り確率を下げてST回数を増やす以外の方法で、遊技者に、より長く多く、確変モードを体感させることを目的として、ST前半部「メラめRUSH」で、ST変動状態と大当りラウンド中状態をシームレスに同一化させた「S・ST(シームレス・スペシャルタイム)」を採用。ST中に貯めた「メラ魂」が無くなるまで大当りラウンドが継続し出玉を放出する。また、ST後半部の「カードバトルモード」では、スタンダードなバトル演出と差別化を図るため、業界初となるカードバトルの要素がプラスされている。

[2013年10月30日・日刊遊技情報]

その他スペック

ぱちんこCR
Dororonえん魔くん メ~ラめら 385type

ぱちんこCR Dororonえん魔くん メ~ラめら 99type

Copyright
(C)永井豪/ダイナミック企画・天地協定