パチンコ新台 SANKYO

CRF機動戦士ガンダム LAST SHOOTING(SANKYO)

1979年にテレビ放送を開始したアニメ「機動戦士ガンダム」とのタイアップパチンコ第3弾

クライマックスシーンを再現したギミック「LAST SHOOTING」を搭載。

160209gundam

本体定価41万9000円、セル定価37万9000円。マックスタイプの下取り有り。型式名「CRフィーバー機動戦士ガンダム3V」。「Fortune」枠(新色「エルメスカラー」)。

導入日

2015年3月22日(モニター店への先行導入有り)

機種スペック

CRF機動戦士ガンダム LAST SHOOTING
SANKYO
CR第1種タイプ
賞球数5(ヘソ)&1(電チュー)&3&13(下AT・右(V)AT)
確率1/319.7→1/56.9(約5.6倍)
出玉15R(下AT)+1R(右AT):最大1651個
実質10R(下AT):最大1040個
(実質)5R(下AT)+1R(右AT):最大611個
※上AT…8C、右AT…7C
確変
(V‐ST
タイプ)
突入率 51%
継続率 約83%(ST100回)
・ヘソ…15R(下AT)+1R(右AT)確変:5%、実質5R(下AT)+1R(右AT)確変:36%、5R(下AT)+1R(右AT)確変(G‐RUSH BONUS):10%、実質10R(下AT)通常(時短100回):49%
・電チュー…15R(下AT)+1R(右AT)確変:50%、5R(下AT)+1R(右AT)確変:50%
※すべての確変大当り終了後には変短100回がつく
変短大当り終了後100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●1979年にテレビ放送を開始したアニメ「機動戦士ガンダム」とのタイアップパチンコ第3弾。クライマックスシーンを再現したギミック「LAST SHOOTING」を搭載。

●ヘソ賞球を5個としてベースを担保する「ANSHIN5」スペックにより、見てわかるかたちで遊びやすさを実現し、来客増を狙う。

●大当り確率319.7分の1のV‐STタイプ。ST「G‐RUSH」突入率51%、ST100回転の継続率約83%。RUSH突入時の平均継続回数約5.9回。すべての大当りに変短100回がつき、ST非突入時にも実質10R分の出玉がある。

●ST中の演出にはシリーズ最多の全7ステージを搭載。新機体を含め、シリーズ最多の全62機体が登場する。初期選択可能なSTステージは、連邦軍STの「ジャブロー防衛戦」「ニューヤーク攻防戦」、ニュータイプSTで「ララァ」の登場する「ソロモン戦」、ジオン軍STの「シャア・アズナブルMODE」。特定条件クリアで「ア・バオア・クー攻略戦」「VSモビルスーツバリエーション」「VSジオンエースパイロット戦」に移行できる。ST残り5回転で選択モードにより異なる「ラストシューティング」演出となる。

●通常時の新ゾーン演出として「ララァゾーン」「ニュータイプゾーン」を搭載。また新ストーリーリーチとして「ガルマ・ザビストーリー ガルマ散る」「ハモンストーリー 激闘は憎しみ深く」が追加されている。

[2015年2月9日・日刊遊技情報]

その他スペック
CRF機動戦士ガンダム LAST SHOOTING 1/99タイプ
関連リンク

「CRF機動戦士ガンダム LAST SHOOTING」機種サイト

Copyright

(c) SOTSU・SUNRISE
(c) SANKYO