パチンコ 藤商事

CR怨み屋本舗FPM(藤商事)

藤商事の新ジャンル「お仕置きシリーズ」第1弾

タイアップコンテンツは、2000年より連載を開始し、現在も第5部が『グランドジャンプ』で連載中の栗原正尚によるマンガ。

151109urami
本体定価39万9800円。セル定価35万4800円。販売予定台数1万5000万台。「Air‐canon」枠。

導入日

2015年11月30日

機種スペック

CR怨み屋本舗FPM        藤商事
CR第1種タイプ
賞球数 3&2(電チュー)&6&8&13
確率 1/319.688→1/93.623(3.43倍)
出玉    16R:最大1872個
実質13R:最大1521個
実質12R:最大1404個
8R:最大 936個
※すべて9C
確変
(V‐ST
タイプ)
突入率 51%
継続率 77.80%(ST140回)
・ヘソ…14R確変(実質13R):43%、8R確変:8%、14R通常(実質12R・時短100回):49%
・電チュー…16R確変:69%、8R確変:31%
※すべての確変大当り終了後には変短140回がつく
変短 大当り終了後、140回、100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツは、2000年より連載を開始し、現在も第5部が『グランドジャンプ』で連載中の栗原正尚によるマンガ。テレビドラマ化もされている。本機搭載の演出が同作品にとって初のアニメ化となる。パチンコ機販売にあわせて「グランドジャンプ」で描き下ろしの「番外編」2本を掲載する。

藤商事の新ジャンル「お仕置きシリーズ」第1弾に位置づけられており、開発コンセプトは「悪人を制裁してスッキリする」となっている。演出では、さまざまな悪人を「怨み屋」メンバーが制裁に成功すれば大当り。ST中の演出は、大当りの種類によりモードが異なり、「ドS」図柄からの16R大当り終了後には、徹底的な制裁を行う「怨み晴らしRUSH ドS」に突入。

●役モノには、作動すれば大当り確定となる「ギロチンギミック」のほか、期待度を示唆する「名刺ギミック」、発展契機となる「復讐ギミック」、悪人を落とせば大当りの「怨み穴ギミック」などを搭載。

●大当り確率319.688分の1のV‐STタイプ。ST突入率51%、時短引き戻し込みのST突入率約64.2%。ST140回の継続率77.80%、平均継続約3.4回。電チュー抽選の69%が最大1872個獲得の16R大当り。電チュー賞球2個タイプ。潜伏確変・小当り非搭載。

●予告演出の保留モードを、待機画面で6つのモードから好みでカスタマイズ。保留モードは、「現代人の闇」、「スロット」、「懐中時計ルーレット」、「心電図」、「サイコロ」、先読みの発生しない「TYPE CLASSIC」。

●期待度の高い“4大お仕置きチャンス”は、「制裁準備ZONE」、「ドSカットイン」、「実写ムービー」、「怨ギミック」。

[2015年11月9日・日刊遊技情報]

関連リンク

「CR怨み屋本舗」機種サイト

Copyright

原作「怨み屋本舗シリーズ」栗原正尚(集英社「グランドジャンプ」)
(c)FUJI SYOJI

-パチンコ, 藤商事
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.