パチンコ新台 A-gon

CRA-gon昭和物語 15個賞球タイプ (A-gon)

新規参入メーカーA‐gonの第1弾機種

約40年ぶりの復活となる手打ち式パチンコ。

151102syowa_15

本体定価28万8000円。初期ロット2000台。本体販売のみ。

導入日

2015年12月7日

機種スペック

CRA-gon昭和物語 15個賞球タイプ   A-gon
手打ち式
賞球数5&7&15
出玉チューリップ最大14連動:210個
振り
分け
・「GO」(振り分けは下部の役モノ内)…中央穴(縦3連チューリップ連動):50%、左穴(左チューリップ):25%、右穴(右チューリップ):25%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●新規参入メーカーA‐gonの第1弾機種。約40年ぶりの復活となる手打ち式パチンコ。盤面に、昭和30年代を思わせる東京タワー風の建物を中心としたノスタルジックな風景が描かれている。

●手打ち式パチンコでは、棒(テング)を指で挟み、レバーの弾き方を調整。初心者向けに狙う際の目安として、盤面に「ブギウギドキドキ矢印」が描かれている。

●賞球数15個「15個賞球タイプ」(型式名「CRA‐gon昭和物語」)と、賞球数10個「10個賞球タイプ」(型式名「CRA昭和物語10」)の2スペックを発売。

●盤面上部の「GO」を狙い、通過すると下部の役モノ内で3つの穴に振り分け。中央穴では縦3連チューリップが最少6連~最多14連まで連動して開放。各チューリップは2回入賞で閉まる。

[2015年11月2日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRA-gon昭和物語 10個賞球タイプ

関連リンク

「A-gon昭和物語」機種サイト

Copyright

(c)A-gon