パチンコ新台 高砂電器

サイレントヒル(高砂)

1999年にコナミより1作目が発売されたホラーアドベンチャーゲームシリーズ

舞台はアメリカ北東部にある架空の田舎町。シリーズの世界累計販売本数は880万本。カプコンの「バイオハザード」シリーズと並ぶ、日本発ホラーゲームの双璧と言える。150925sai

本体定価43万8000円。型式名「サイレントヒルCP」。製造元は高砂電器産業(TAKASAGO)、総販売元はKPE・高砂販売。専用筐体「NIGHTMARE」を使用。

導入日

2015年10月5日

機種スペック

サイレントヒル           高砂
ATタイプ
図柄「SBB」:7(ダブル)
「BB」:7
「RB」:BAR
確率設定AT出玉率
「ボーナス」合成確率「ボーナス」+AT合成確率
1/274.91/197.696.5%
1/258.51/185.397.5%
1/247.81/176.599.1%
1/242.31/171.7101.8%
1/228.01/161.1105.0%
1/222.51/156.7110.7%
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツ「サイレントヒル」は、1999年にコナミより1作目が発売されたホラーアドベンチャーゲームシリーズ。舞台はアメリカ北東部にある架空の田舎町。シリーズの世界累計販売本数は880万本。カプコンの「バイオハザード」シリーズと並ぶ、日本発ホラーゲームの双璧と言える。

●純増枚数3.0枚の「アクセルAT」シリーズ機。AT機に対する規制によりメーカー側では本機を「アクセルAT最終形」と位置づけ。本機のメインコピーは、ホラーコンテンツと純増3.0枚の組み合わせから「最恐×最強」。

●専用筐体「NIGHTMARE」には、液晶上部にレア役を告知する「EVIL EYE」、液晶左右にシャッター役モノの「EVILSHUTTER」を搭載。

●業界初の機能として、レア役周期前兆機能「SILENT HORROR SYSTEM」を搭載。レア役が周期的に出現し、弱レア役の連鎖が強レア役を誘発。レア役間のハマりが深いほどアツいチャンスが訪れる。

●擬似ボーナスを搭載したATタイプ。AT「NIGHTMARE RUSH」は、1セット50ゲームのゲーム数上乗せタイプ。1000円あたりのベースとなるゲーム数は約36.5回転。コイン単価約3.2枚。

●ATへの突入契機は、レア役による直撃、CZ(自力解除ゾーン)「ESCAPE CHALLENGE」中の当選、擬似ボーナス中の当選、ロングフリーズ。前兆ゾーンは「SILENT ZONE」。AT中のゲーム数上乗せ特化ゾーンは、「PANDEMIC ZONE」(一部、通常時やCZからも突入)と、「(SUPER)NIGHTMARE RUSH」。

●擬似ボーナス中の「目玉(EVIL EYE)」図柄揃いでAT突入。次ゲームでフリーズすれば、最大継続90%、0ゲーム連の上乗せ特化ゾーン「CREATUREPANIC」に突入。平均獲得枚数は、「SBB」「BB」約100枚、「RB」50枚。「SBB」の「EVIL EYE」揃い確率は「BB」の2倍。

●通常時の「迷宮通路」はレア役高確、「トルーカ湖」は「ボーナス」濃厚。ミッションクリアでCZ突入となる。

[2015年9月7日・日刊遊技情報]

関連リンク

「サイレントヒル」機種サイト

Copyright

(c)Konami Digital Entertainment
(c)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY CO.,LTD