パチンコ新台 三洋

CRギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国  MAXバージョン(三洋)

シリーズの伝統のゲーム性と、V確変ループタイプの出玉性能を融合

「ギンパラ」の伝統のゲーム性とは、横スクロール5ライン、奇数図柄が揃いつづける限り終わらないループ、すべての大当りで出玉有り、すべての通常大当りに時短が付くことによる強い引き戻し感。

150728gingira

本体定価39万9000円、セル定価34万9000円。「イルミオ」枠。

導入日

2015年9月7日

機種スペック

CRギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国
MAXバージョン                三洋
CR第1種タイプ
賞球数3&1(電チュー)&4(BONUS PLUS)&10&12
確率1/399.6→1/118.0(約3.4倍)
出玉15R(8C):最大1700個/大入賞口1440個
2R(8C):最大 200個/大入賞口 192個
※最大払い出し個数には普通入賞口を含む
確変
(V確変
タイプ)
突入率 50%
突入率(時短引き戻し込み) 61.1%
継続率  約75%(ST100回)
継続率(時短引き戻し込み) 約80.5%
・ヘソ…15R確変:44%、2R確変:6%、15R通常(時短100回):50%
・電チュー…16R確変:69%、2R確変:6%、15R通常(時短100回):25%
時短大当り終了後100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●「(CR)ギンギラパラダイス」シリーズの伝統のゲーム性と、V確変ループタイプの出玉性能を融合。メインコピーは「熱量、限界到達」。「ギンパラ」の伝統のゲーム性とは、横スクロール5ライン、奇数図柄が揃いつづける限り終わらないループ、すべての大当りで出玉有り、すべての通常大当りに時短が付くことによる強い引き戻し感。

●V確変ループタイプ。大当り確率399.6分の1の「MAXバージョン」と、大当り確率259.0分の1の「強ミドルバージョン」を同時発売。「MAXバージョン」(型式名「CRギンギラパラダイス4XMA」)は、平均大当り回数約4.14回、初回確変突入時の期待出玉約8590個。「強ミドルバージョン」(型式名「CRギンギラパラダイス4YMA」)は、平均大当り回数約3.54回。右打ち専用入賞口として賞球4個の「BONUS PLUS」を配置することにより、大当りの最大獲得出玉数をアップさせている。

●メイン液晶の上下に「デュアルサブ液晶」を配置し液晶面積を約143%アップ。合体・回転すれば「ファラオッキーフラッシュ」が発生する。実写演出には、佐野ひなこら旬のアイドルによる限定ユニット「ギンギラ★ガールズ」が出演。

[2015年7月27日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国 強ミドルバージョン
CRAギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国 サンセット99ver.

関連リンク

「CRギンギラパラダイス クジラッキーと砂漠の国」機種サイト

Copyright

(c)SANYO GROUP