SANKYO パチンコ

CRFマクロスフロンティア2(SANKYO)

2011年発売の「CRFマクロスフロンティア」後継機

本機の演出でも原作と同様、ダブルヒロインである「シェリル・ノーム」と「ランカ・リー」の“歌姫”が活躍する。

150716makurosu

本体定価39万9000円、セル定価35万9000円。「Fortune」枠。型式名「CRフィーバーマクロスフロンティア2W」。

導入日

2015年8月17日

機種スペック

CRFマクロスフロンティア2        SANKYO
CR第1種+第2種タイプ
賞球数 3&1&10&13
確率 1/199.8(V入賞による役モノ連)
出玉 実質15R:最大1950個
実質12R:最大1560個
実質 8R:最大1040個
実質 4R:最大 520個
2R:最大 260個
※すべて10C
確率 「フロンティアモード」突入率 約51%(図柄揃い時)
「フロンティアモード」継続率 約77%
(「泣きの一回」を含む実射値)
・特図1(ヘソ)…実質4R(「フロンティアモード」突入・時短100回):45.5%、2R(「Vチャレ」突入・時短5回):9.9%、実質8R(「フロンティアモード」非突入・時短0回):44.6%
・特図2(V入賞)…実質15R(JUB・時短100回):40.0%、実質12R(JUB・時短100回):2.0%、実質8R(JUB・時短100回):8.0%、実質4R(時短100回):24.0%、実質4R(時短1回):26.0%
時短 100回、5回、1回、0回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2008年にテレビ版が放映され、2009年と2011年に劇場版が放映されたアニメ「マクロスフロンティア(マクロスF)」とのタイアップ。2011年発売の「CRFマクロスフロンティア」後継機。本機の演出でも原作と同様、ダブルヒロインである「シェリル・ノーム」と「ランカ・リー」の“歌姫”が活躍する。シリーズ最多となる32曲の楽曲を収録。

●第1種+第2種の混合タイプ。大当り確率199.8分の1。V入賞による役モノ連により継続。高継続モードの右打ち「フロンティアモード」への突入率は約51%(図柄揃い時)。同モードのトータル継続率は約77%(「泣きの一回」を含む実射値)。

●初当り時の約90%を占める図柄揃い大当りでは「フロンティアチャレンジ」が発生。チャレンジ成功で「フロンティアモード」に突入できる。初当り時の残り10%では「バジュラアタック」成功となり、2R分の出玉と、「Vチャレ」4回と「泣きの一回」、計5回のV入賞への挑戦チャンスを得る(内部的には時短5回転)。「Vチャレ」でのV入賞期待度は約50%(実射値)。

●「フロンティアモード」中の演出を、敵「バジュラ」に勝てばモード継続の「バルキリーバトル」、もしくはミッション成功でモード継続の「ギャラクシーライブ」の2つのモードから選択可能。モード中に「シェリル」、「ランカ」、「アルト」いずれかの「Vコンボ」が発生すればその時点で継続が確定。V‐コントローラーを引いて、出玉の上乗せを目指す。「歌姫降臨」演出発生で最大出玉となる「SPECIAL FEVER」大当りを獲得。
ラウンド演出失敗でも「泣きの一回」(時短1回転)が付き、引き戻しのチャンス。

●期待度50%以上の“3大キーポイント”は、「歌姫降臨」、「次回予告」、「トライアングラーゾーン」。大チャンスとなるリーチ演出は、ヒロインリーチの「アフター・スクール・アタック」と「トラワレノヨウセイ」、ストーリーリーチの「イツワリノウタヒメ」、バトルリーチの「アルトSP」。

[2015年7月15日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRFマクロスフロンティア2Y
CRFマクロスフロンティア2F

関連リンク

「CRFマクロスフロンティア2」機種サイト

Copyright

(c) 2009, 2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF制作委員会
(c)SANKYO

-SANKYO, パチンコ
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.