パチンコ新台 高尾

CRリアル鬼ごっこ 387ver.(高尾)

タイアップコンテンツは、山田悠介によるホラー小説『リアル鬼ごっこ』およびその映画化作品

本機では前作までの映画版の設定を踏襲し、プレイヤーが「鬼」になって「佐藤」捕獲を目指す。演出で「佐藤」捕獲に成功すれば大当り。

1505716riaruoni

本体定価39万9000円、セル定価35万9000円。「スパイラルインパクト」枠。

導入日

2015年9月7日

機種スペック

CRリアル鬼ごっこ 387ver.       高尾
CR第1種タイプ
賞球数3&2(電チュー)&3&13
確率1/387.6→1/43.3(約9.0倍)
出玉16R(10C):最大2080個
5R(10C):最大650個
実質4R(10C):最大520個
確変
(V‐ST
タイプ)
ST突入率 73.7%(時短引き戻し含む)
トータル継続率 79.3%
ST回数 63回(変短100回)
・ヘソ…16R確変:50.0%、5R確変15.6%、実質4R通常:34.4%
・電チュー…16R確変:70.0%、5R確変:30.0%
※すべての大当り終了後には変短100回がつく
変短大当り終了後100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツは、山田悠介によるホラー小説『リアル鬼ごっこ』およびその映画化作品。映画シリーズの最新作が今月11日より公開されているが、「佐藤」ではなく「JK(女子高生)」を処刑するという設定に変更された。本機では前作までの映画版の設定を踏襲し、プレイヤーが「鬼」になって「佐藤」捕獲を目指す。演出で「佐藤」捕獲に成功すれば大当り。

●マックスタイプ「387ver.」(型式名「CRリアル鬼ごっこWXA」)とミドルタイプ「273ver.」(型式名「CRリアル鬼ごっこWMA」)の2スペックを発売。両スペックとも、V‐STタイプ、ST回数63回、変短回数100回、小当り・潜伏確変非搭載。

●業界初の機能として、516人の人名から好きな名前を保留に設定できる「人名保留」を搭載。選択した名前が保留に出現するだけで信頼度が約40%となる。

●最長53回転先を予告する業界初の「鬼先読み」を特殊先読み機能として搭載。「佐藤」出現までをカウントダウンする。またST中にかならず1回以上のリーチが発生し、リーチの無いSTスルーを撤廃した。

●役モノには盤面を覆い尽くす「鬼フェイス」、「佐藤役物」、「スタンガンアーム役物」などを搭載。盤面左下の「SATO!ランプ」点灯で大当り確定となる。

●実写演出には、映画の映像のほか、パンチ佐藤、佐藤かよなど、佐藤姓の芸能人が登場する本機オリジナル映像を収録。

[2015年7月14日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRリアル鬼ごっこ 273ver.

CRリアル鬼ごっこ 199ver.

CRリアル鬼ごっこ 99ver.

CRちょいパチリアル鬼ごっこ WAB29

関連リンク

「CRリアル鬼ごっこ」機種サイト

Copyright

(c) 2007「リアル鬼ごっこ」製作委員会
(c)2010「リアル鬼ごっこ2」製作委員会 (c)TAKAO