パチンコ新台 藤商事

CRリング 呪い再びFPK(藤商事)

「CRリング」シリーズ初となるV‐STタイプ

2007年に1作目が発売され、「呪いの7日間」、「運命の日」とつづく「CRリング」シリーズ最新作。

150528ring

本体定価39万9800円、セル定価35万4800円。枠付エコ、枠付エコ(中古)、エコ割、エコ割(中古)の各プランを用意。「エアーキャノン」枠。

導入日

2015年7月6日

機種スペック

CRリング 呪い再びFPK        藤商事
CR第1種タイプ
賞球数3&5&10&15
確率1/399.610→1/62.594(約6.4倍)
出玉16R(RUB):最大2160個
15R:最大2025個
14R(RUB):最大1890個
11R(RUB):最大1485個
(実質)8R(RUB):最大1080個
実質7R:最大945個
※すべて9C
確変
(V‐ST
タイプ)
突入率  約70%(特図1:40%、特図2:100%)
ST継続率 約80%(ST100回)
・左打ち時(特図1+特図2)…16R確変:6.50%、15R確変:19.00%、14R確変(実質8R):8.50%、8R確変:5.00%、16R確変(RUB):6.00%、16R確変(RUB・実質14R):6.00%、16R確変(RUB・実質11R):2.75%、16R確変(RUB・実質8R):16.25%、14R通常(実質7R):23.00%、8R通常(実質7R):7.00%
・右打ち時(特図2)…15R確変:38.00%、16R確変(RUB):12.00%、16R確変(RUB・実質14R):12.00%、16R確変(RUB・実質11R):5.50%、16R確変(RUB・実質8R):32.50%
・特図1…16R確変:13.00%、14R確変(実質8R):17.00%、8R確変:10.00%、14R通常(実質7R):46.00%、8R通常(実質7R):14.00%
※すべての大当り終了後に変短100回がつく
※「左打ち時」には特図1と特図2の合算確率を掲載(1対1の比率により算出)
※「RUB」=「呪いのビデオ再生大当り」
変短大当り終了後100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●モチーフは1998年1月公開のホラー映画「リング」。2007年に1作目が発売され、「呪いの7日間」、「運命の日」とつづく「CRリング」シリーズ最新作。

●「CRリング」シリーズ初となるV‐STタイプ。大当り確率399.610分の1のマックスタイプ。通常時(左打ち時)のスタート入賞口を、特図1と特図2の交互入賞による8個保留「Wスタートチャッカー」とすることにより、ST突入率約70%を実現。
ランクアップボーナス(RUB)「呪いのビデオ再生大当り」では、「呪いの手」ギミックが落下するほどラウンドが継続することにより、「呪いの手」の落下ポイントが増加している。

●ST100回中の継続率は約80%。特図1の通常大当りの時短「呪縛解放ノ刻」は100回。時短引き戻し込みのST突入率は76.6%。小当り・潜伏確変は非搭載。平均継続回数4.1回。16R大当りの出玉は最大2160個。ST中の大当りは最低でも(実質)8R大当りの最大1080個。

●ST「呪いの連鎖~運命ノ刻~」では回転数ごとに4つのモード背景に変化。「貞子」が呪いを連鎖、伝播、あるいは成就させることができれば大当り。「早送りデジャヴパニック」などST専用演出を搭載。

●“4大絶叫ポイント”は、「貞セグ」、「運命フラッシュ予告」、「呪いの手落下ギミック」、「猫群」。

[2015年5月28日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRAリング 呪い再びFPIZ

関連リンク

「CRリング 呪い再び」機種サイト

Copyright

(c)1999鈴木光司 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店
(c)1998「リング」「らせん」製作委員会(c)FUJI SYOJI