パチンコ新台 大一

CRバイオハザード0(大一)

「バイオハザード」とのタイアップパチンコの第2弾

本作のエピソードは、2002年発売の「始まりの事件」を描いたゲーム「バイオハザード0」。

150331bio

本体定価39万8000円、セル定価35万9000円。販売予定台数全国1万5000台。「メテオストーム」枠。マックスタイプの「CRバイオハザード0」(型式名「CRバイオハザードゼロKL」)とライトミドルタイプの「CRバイオハザード0 ライトミドルタイプ」(型式名「CRバイオハザードゼロKT」)の2スペックを同時発売。

導入日

2015年5月11日

機種スペック

CRバイオハザード0        大一
CR第1種タイプ
賞球数3(ヘソ)&2(電チュー)&5&10&14(上AT・下AT)
確率1/392.43→1/76.65(約5.1倍)
出玉16R:最大2016個/12R:最大1512個
10R:最大1260個/ 8R:最大1008個
6R:最大 756個/(実質)4R:最大504個
実質1R:最大126個
※すべて9C
確変
(V‐ST
タイプ)
突入率   64%(ST130回)
継続率 約82%
・ヘソ…15R確変(実質4R):54%、5R確変(実質1R):10%、15R通常(実質4R・時短100回):36%
・電チュー…16R確変:65%、16R確変(RUB):10%、12R確変(RUB):5%、10R確変(RUB):5%、8R確変(RUB):5%、6R確変(RUB):5%、4R確変(RUB):5%
※確変大当りにはすべて変短130回がつく
変短大当り終了後130回、100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●カプコンのサバイバルホラーゲーム「バイオハザード」とのタイアップパチンコの第2弾。本作のエピソードは、2002年発売の「始まりの事件」を描いたゲーム「バイオハザード0」。

●130回転のST「Dual V‐rush ST」では、演出だけでなく業界初の変動消化スピードも異なる、「パンデミックラッシュ」と「アクセラレーションラッシュ」の2モードを搭載している。

液晶演出だけでなく、液晶上に「クリーチャー」の顔が出現する「ハザードクラッシュ」などの役モノに、カプコンが全面協力した。

●マックスタイプは大当り確率392.43分の1、ST突入率64%、継続率約82%。ライトミドルタイプは大当り確率239.18分の1、ST突入率55%、継続率約75%。ともにV‐STタイプ。

[2015年3月30日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRバイオハザード0 ライトミドルタイプ

CRバイオハザード0 スウィートver.

関連リンク

「CRバイオハザード0」機種サイト

Copyright

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(c)Daiichi