パチンコ新台 平和

CR麻雀物語2 めざせ!雀ドル決定戦! 299ver.(平和)

「CRキュインぱちんこ麻雀物語  麗しのテンパイ乙女」の後継機

パチンコ「麻雀物語」シリーズとしては1991年発売の初代を含め3作目。

150223_majyanmonogatari

本体定価39万9000円、セル定価35万9000円。「GOLDENROCK」枠。型式名「CR麻雀物語2M9AY1」。

導入日

2015年4月6日

機種スペック

CR麻雀物語2 めざせ!雀ドル決定戦! 299ver.  平和
CR第1種タイプ
賞球数3&2(電チュー)&5&10&14
確率1/299.3→1/69.5(約4.3倍)
出玉16R:最大2016個
16R(実質4R):最大504個
4R:最大 504個
16R(RUB・実質16R):最大2016個
16R(RUB・実質12R):最大1512個
16R(RUB・実質 8R):最大1008個
16R(RUB・実質 4R):最大 504個
※すべて9C
確変突入率    100%
継続率 約76.5%(ST100回)
・ヘソ…16R:5.0%、16R(RUB・実質16R):1.0%、16R(RUB・実質12R):1.0%、16R(RUB・実質8R):6.0%、16R(RUB・実質4R):12.0%、16R(実質4R):30.0%、4R:45.0%
・電チュー…16R:43.0%、16R(RUB・実質16R):2.0%、16R(RUB・実質12R):2.0%、16R(RUB・実質8R):2.5%、16R(RUB・実質4R):5.5%、4R:45.0%
※すべての大当り終了後に変短100回転がつく
変短大当り終了後100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●2012年発売の「CRキュインぱちんこ麻雀物語  麗しのテンパイ乙女」の後継機。パチンコ「麻雀物語」シリーズとしては1991年発売の初代を含め3作目。今作の萌え系ヒロインは、麻雀を打つだけでなくダンスライブで歌い踊る「雀ドル(雀系アイドル)」の3人組「じゃんぴんガールズ」。

●左打ち時に使用する「MAX8+(マックスエイトプラス)」では、特図1(ヘソ)と特図2(電チュー)を交互に振り分ける通常時8個保留の「MAX8」の振り分けに、電チュー開放抽選を行う普図を追加。普図ゲート通過によりサブ液晶でミニゲームを開始する。電チュー開放率は4.6分の1。玉は、特図1、特図2、普図の3方向に振り分けられる。当選時の電チュー開放時間は0.5秒から4.5秒、開放回数は1回から3回。通常時の演出は、メインとサブの両方で同時に展開する。

●大当り確率299.3分の1のミドルタイプ。大当り終了後には、確変突入率100%の右打ちST「雀じゃんRUSH」100回に突入。ST継続率約76.5%。右打ち中の45%が、最大2016個の16R大当りとなる。潜伏確変大当りと小当りは非搭載。

●ST中にリーチがかかれば、ヒロイン「雀ドル」たちがライバルとの麻雀バトルを展開。3人のヒロインそれぞれで演出が異なり、好みで選択できる。ST中の16R大当り中の楽曲を、前作の楽曲も加えて全20曲から選択することができる。

●ランクアップボーナス(カウントアップボーナス)の「じゃんぴんガールズBONUS」は4R刻みとなっており、4Rごとに役満が成立すればラウンド継続となる。

●役モノには、アクロバティックに合体する「ビッグリボン」、飛び出す「キュキュギミック」と、裏返りロゴ役モノにもなるサブ液晶、3つのパトランプを搭載する。

[2015年2月19日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRA麻雀物語2 めざせ!雀ドル決定戦! 99.9ver.

関連リンク

「CRキュインぱちんこ麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~」機種サイト

Copyright

(c)HEIWA