パチンコ新台 タイヨーエレック

CRどっキュンリゾート ハワイへん(タイヨーエレック)

ヘソ賞球1個の4回リミットタイプ

大当り期待度約77%の「ティキ島バケーション」と同約48%の「ティキ島チャレンジモード」の2つのモードを搭載した”W(ダブル)‐ST”を搭載。

141110_dokkyun

本体定価39万8000円、セル定価34万8000円。「T‐FLARE」枠。型式名「CRどっキュンリゾートERD」。

導入日

2014年12月14日

機種スペック

CRどっキュンリゾート ハワイへん     タイヨーエレック
CR第1種タイプ
賞球数1(ヘソ)&2(電チュー)&8&&13
確率1/199.2→1/63.6(約3.1倍)
出玉16R:最大1872個
4R:最大 468個
16R(実質4R):最大468個
※すべて9C
確変突入率 85%(4回リミット)
・ヘソ…4R確変:1.8%、4R確変(変短100回):2.7%、4R確変(変短20回):10.5%、16R確変(実質4R・変短10回):30.0%、16R確変(出玉無・変短次回まで):1.2%、16R確変(出玉無・変短100回):1.8%、16R確変(出玉無・変短20回):7.0%、16R確変(出玉無・変短10回):30.0%、4R通常(時短100回):15.0%
・電チュー…16R確変:50.0%、4R確変:35.0%、4R通常(時短100回):15.0%
※リミット到達時には、次回までの電サポは時短100回に、残りの変短回数は同回数の時短に変更される
変短大当り終了後、次回まで(リミット到達時100回)、100回、20回、10回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●大当り確率199.2分の1、確変突入率85%のライトミドルタイプ。ヘソ(スタート)賞球1個の新内規対応スペック。「ティキ島バケーション」滞在時の継続期待率約77%、電チュー入賞からの大当りでの16R大当り比率50%。演出の見た目上は、大当り期待度約77%の「ティキ島バケーション」と同約48%の「ティキ島チャレンジモード」の2つのモードを搭載した“W(ダブル)‐ST”を搭載。だが実際にはSTタイプではなく確変継続タイプ。そのため、「ティキ島バケーション」では電サポ回数が100回を超える場合がある。確変には4回の継続リミッターが搭載されており、リミット到達時には高確モードでの変短が低確モードの時短となる。

●ゲージ構成では、見た目でも回らないというストレスを軽減するために、①道釘を改善し寄りを強化、②ワープからの入賞率を増加という改良を施している。損益分岐スタートは約7.8回(25個交換、BA85、T1Yノーマル時)。

●「ティキ島バケーション」および「ティキ島チャレンジモード」を中心とした実写の映像演出には、逢沢りな、小池里奈、とっきーの、3人の(グラビア)アイドルが水着などで登場。ほかの演出では、「うらら」「かえで」「ひいらぎ」の萌えキャラ3人のアニメ演出が中心となる。BGMには“懐メロ”全13曲を収録。役モノ(ギミック)には、「グレイトパカナポー」、「超ティキインパクト」、「ハイビスカスフラッシュ」など搭載する。

●ヘソからの初当り時には、「3」「7」図柄揃いで実質4R確変大当りとなり、ラウンド終了後に「ティキ島バケーション」に突入。「3」「7」以外の図柄揃いでは確変または通常の4R大当り、「どっキュン」図柄揃いでは確変または通常の出玉無し大当りとなり、ラウンド終了後に電サポ100回の「ティキ島チャレンジモード」もしくは電サポ20回もしくは10回の「ティキ島ゲートモード」に移行する(「ティキ島バケーション」に突入する場合もある)。「ティキ島ゲートモード」の大当り期待度は約18%。右打ち時のヘソ入賞からの「3」「7」図柄揃い大当りでは16R大当りが確定する。

[2014年11月10日・日刊遊技情報]

関連リンク

「CRどっキュンリゾート ハワイへん」機種サイト

Copyright

(c)Sammy
(c)TAIYO ELEC