パチンコ新台 三洋

CRギンギラパラダイス 情熱カーニバル(三洋)

「海物語」シリーズでもメインタイトルとは異なる「海フレンズ」系統の最新作。

「(CR)ギンギラパラダイス」シリーズとしては2010年の前作以来となる。モチーフは、サッカーワールドカップの行われているブラジルのカーニバル。
pachi_ginnparaka-nibaru
本体定価39万9000円、セル定価34万9000円。目標販売台数全国4万台から5万台。「イルミオ」枠。携帯連動サービス「パチリンク」に対応。

導入日

2014年8月3日

機種スペック

CRギンギラパラダイス 情熱カーニバル       三洋
CR第1種タイプ
賞球数3&10&15(上AT・右AT)
確率1/399→1/67(約6.0倍)
出玉16R:最大2400個/標準2220個
12R:最大1800個/標準1660個
11R:最大1650個/標準1530個
4R:最大 600個/標準 550個
※すべて10C
確変
(V確変
タイプ)
突入率  56%(ST100回)
ST継続率 約77.7%
・ヘソ…16R確変:10%、12R確変:46%、11R通常:44%
・電チュー…16R確変:70%、4R確変:30%
変短大当り終了後100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●大当り確率399分の1のマックスタイプであり、「海物語」としては初のV‐STタイプ。ST100回「ギンギラRUSH」への初回突入率56%、ST継続率約77.7%。右打ち中の70%が最大出玉2400個の16R大当り。潜伏確変・小当り非搭載。

●通常時のモードは、わかりやすい安心モードの「シンプルモード」、「魚群」に出会えるチャンス演出を多数搭載した「海底遺跡モード」、カーニバルをモチーフとする演出がメインの「ブラジルモード」の3モードより選択。

●初当り時、奇数図柄では16Rもしくは12Rの確変大当りが確定。偶数図柄では「ファイナルチャンス」成功で確変大当り、失敗でも大当りラウンド中の「クジラッキー」一発告知発生で12R確変大当りに昇格。「7」図柄揃いでは16R確変大当り確定となる。

●可動役モノとして、液晶上部から落下する「クジラッキー」と液晶下部からせり上がる「三面体役物」などを搭載。両役モノが同時に可動する「クジラッキーフラッシュ」発生で16R確変大当り確定。各モード共通の演出として、「ギンギラ」図柄中段停止から突入のチャンスゾーン「カーニバルゾーン」、「カサゴ」図柄中段停止から「三面体役物」でパネルを揃えるリーチ演出の「ウリンチャレンジ」などがある。

●16R大当りのラウンド中の演出には、「ミスマリンちゃん」の実写演出とアニメ演出が交互に登場。7回目以降はこれまでの「海物語」シリーズの大当りラウンドをアレンジした「Ginpara TV(ギンパラTV)」となる。エンディングがいつもと違えば、保留内再大当りのチャンスとなる。

[2014年6月17日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRギンギラパラダイス3YLA(ライトミドルタイプ)
CRAギンギラパラダイス 情熱カーニバル 強99バージョン

関連リンク

「CRギンギラパラダイス 情熱カーニバル」機種サイト

Copyright
(C)SANYO