ニューギン パチンコ

Pぱちんこ ガラスの仮面ML-K1(ニューギン)

演劇マンガの金字塔「ガラスの仮面」がパチンコ化

伝説の舞台「紅天女」をはじめ原作の名シーンが再現されるなどファン垂涎の演出群

本体定価43万9900円、セル定価39万9900円。販売予定台数8000台。ミドルタイプ「Pぱちんこ ガラスの仮面M‐K1」(型式名同じ)、ライトミドルタイプ「Pぱちんこ ガラスの仮面ML‐K1」(型式名同じ)の2スペックを用意。「ReLf」枠。

導入日

2020年1月6日

機種スペック

Pぱちんこ ガラスの仮面ML-K1   ニューギン
第1種タイプ
賞球数 2(ヘソ)&1(電チュー)&2&3&12
確率 1/199.80→1/124.12(約1.6倍)
出玉 10R:最大1080個
4R:最大 432個
※すべて9C
確変 ST突入率 80.0%
・ヘソ…10R確変:28.5%、4R確変:51.5%、4R通常(時短100回):20.0%
・電チュー…10R確変:52.0%、4R確変:28.0%、4R通常(時短100回):20.0%
※すべての確変大当り終了後には変短200回が付与される
時短 大当り終了後、200回、100回

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●本コミック累計発行部数5000万部を超える美内すずえ原作の演劇マンガの金字塔「ガラスの仮面」がモチーフ。作品の世界観を完全踏襲し、「演劇」×「スポ根」要素を忠実に再現した演出の数々が楽しめる。演出面は、伝説の舞台「紅天女」をはじめ原作の名シーンが再現されるなどファン垂涎の内容。また、仮面ギミックをはじめとする作品の世界観を表現する様々なギミックを搭載する。

●ミドルタイプ「M‐K1」は大当り確率289.98分の1、ST200回の突入率72%。ST突入時の引き戻し率約77%。特図1・2共通で全ての大当りが最大1280個獲得の10R。ライトミドル「ML‐K1」は大当り確率約199.80分の1、ST200回の突入率80%でST突入時の引き戻し率が約80%と継続重視となっている。ともに通常大当り後は時短100回が付与される。

●右打ち「スターダムロード」(SR)は確変非報知のため、100回転目の継続判定成功または確変確定となる「SUPERガラスの仮面BONUS」後はST200回「ゴールデンスターダムロード」(GSR)に突入する。

●期待度の高い4大演出は高期待度リーチに発展する「紅天女フリーズ」、「奇跡の人リーチ(Wキャスト)」、「おそろしい子演出」、先読み演出「(超)紫のバラZONE」となっている。

[2019年12月10日・日刊遊技情報]

その他スペック

Pぱちんこ ガラスの仮面M‐K1

関連リンク

「Pぱちんこ ガラスの仮面」機種サイト

Copyright

(c)美内すずえ/ガラスの仮面製作委員会

-ニューギン, パチンコ
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.