アクロス

パチスロ新台

クランキーセレブレーション(アクロス)

リバイバルをテーマとした「APROJECT」シリーズの第7弾 出玉性能を重視した「シリーズ最高峰のセレブスペック」。 本体定価40万8000円。 導入日 2...
パチスロ新台

ゲッターマウス(アクロス)

“リバイバル”をテーマとした「A PROJECT」の第5弾 4号機「ゲッターマウス」のリール配列を完全再現しており、3000通り以上のリーチ目法則も継承する。 “リバイバル”をテーマと...
パチスロ新台

キングジャック(アクロス)

1999年に岡崎産業より発売された「キングジャック」の正統後継機 「スーパージャックポット」につづく、アクロスと岡﨑産業によるコラボレーションの第2弾。 本体定価39万円。 導入日 ...
パチスロ新台

サンダーVリボルト(アクロス)

アクロスの「A PROJECT」第4弾 「THUNDER(サンダー)」シリーズ歴代機種の出目法則を継承し、シリーズ最多となる3300通り以上のリーチ目を搭載。 本体定価39万円。 導...
パチスロ新台

HANABI(ACROSS)

1998年発売の4号機「ハナビ」を再現 「リバイバル」をテーマに復刻機や技術介入機などを開発する「A PROJECT」の「クランキーコレクション」、「B‐MAX」につづく第3弾。 本体...
パチスロ新台

スーパージャックポット(アクロス)

ACROSSと岡﨑産業によるコラボレーション機の第1弾 ACROSSブランドからの発売ながら、岡﨑産業を代表するパチスロ「ジャックポット」シリーズの“正統後継機”として位置づけられている。 ...
パチスロ新台

沖ドキ!(‐30) (アクロス)

沖スロの魅力を、1ゲームあたりの純増約3.0枚のATタイプで再現。 「BB」、「RB」の両ボーナスは擬似ボーナスとなる。同確率の25パイ機と30パイ機を同時リリース。 6月に新潟県のホールで実...
パチスロ新台

B‐MAX(アクロス)

BB・RB‐RTタイプ 通常時はフリー打ちが可能となっており、出目に応じた多彩なリーチ目を搭載。 販売定価38万円。 導入日 2014年5月26日 スペック ...
パチスロ新台

リバティベルⅤ(アクロス)

「アクロス」から「クランキーコレクション」につづいて発売される第2弾機種 「Mr.Do」は、1982年発売のアーケードゲームのキャラクターをモチーフとし、1998年にはパチスロとして登場。 ...